【React×Firebase】サービス開発入門 ハンズオン [オンライン開催]

イベント内容

【React×Firebase】サービス開発入門 ハンズオン [オンライン開催]

本イベントは「オンライン参加のみ」といたします。

開催概要

Webアプリ―ション開発でシェアを高めているフロントエンド技術・Reactと、素早くモバイルアプリを開発できると話題のプラットフォーム・Firebase。 この二つを使って、開発からデプロイまでを短時間でやってみよう!という内容のハンズオンです。
参加者の皆様には主催者側で用意したGitリポジトリをforkして、フロントエンドのReact部分を作成して頂き、GitLabのCI機能を使ってFirebaseでデプロイするところまで行って頂きます。
ガイドを参照しながら作業を進めて頂く形のハンズオンとなります。各セクションごとに説明を挟みますので、React初心者の方でも安心して参加頂けます。

参加方法

本イベントは Zoomウェビナーを利用して配信します。
申込された方のみ参加用URLとパスワードをConnpassのメッセージでお知らせしますので、参加される方は必ず申込をお願いします。
イベント中の質問事項はZoomのQ&Aにて受け付けます。

事前準備

ハンズオン開催に先立って、いくつか事前に準備をお願いしたい点があります。 具体的には、Git, Node.jsのインストールや、Google, GitLab等のアカウント作成、Firebaseプロジェクトの作成をお願いしたいと考えております。
以下のURLの事前準備 を参照し作業を行ってください。
https://gitlab.com/tis-tiw/chousei_firebase/blob/master/README.md
基本的なツール類の準備がほとんどですので、すでにJavaScriptの開発をされている方はあまり手間はかからないと思います。 まだ開発環境が整っていない方はぜひこの機会を利用して環境を整えてみてください。 特に難しい点はないと思います。
※事前に準備ができなかった場合は、残作業をハンズオン当日行って頂くことになります。 ハンズオンの時間を有効活用するため、できるだけ事前準備をお願いします。

当日準備するもの

事前準備をして環境セットアップ済みのPC スマートフォン(作成したサービスの確認に使用します。無くても大丈夫です)

参加をおすすめする人物像、参加に向かない人物像

当ハンズオンは次のような方に参加をおすすめします。
自分のアイデアをサービスにするために、スピード感のある開発を行ってみたい
JavaScriptプログラミングの経験があり、ReactやFirebaseといったモダンな技術に触れてみたい
Webアプリケーション型のサービス開発イメージをつかみたい
反対に、次のような方は当ハンズオンにはマッチしない可能性が高いです。
プログラミング経験が全くない
React、Vue、AngularなどSPA経験があり独力で開発が行える

タイムテーブル

時刻 内容
12:30 - 13:00 Zoom入室
13:00 - 16:00 ハンズオン(休憩含む)

※休憩は適宜取ります

進捗の管理をスプレッドシートで行います。 https://docs.google.com/spreadsheets/d/1mn4CJ78QVxYgGnZleCtJtZiX05vhIWjRwu6KcdC_LNg/edit?usp=sharing

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント