プレScalaMatsuri 兼 リハーサル オンラインLT大会

イベント内容

プレScalaMatsuri 兼 リハーサル オンラインLT大会

今年のScalaMatsuri 2020は、オンライン開催に決定いたしました。
※背景はScalaMatsuri運営ブログをご確認ください。

https://scalaconfjp.doorkeeper.jp/events/103550

ScalaMatsuri運営としてオンライン開催は初めての試みとなります。このオンラインScalaMatsuriを円滑に進めるためのリハーサルを兼ねて、「プレScalaMatsuri」を8/30にオンライン開催することにしました!

LTスピーカーも募集します。ゆるい話題からTips、コアなネタまでScalaに関することならなんでもOKです。

注意: 通訳は提供されません。

タイムテーブル

順番は仮のものです。後日、登壇順が若干変更になる可能性があります。

時間 題目 提供言語 発表者
17:00- 受付
17:30-17:40 当イベントの趣旨と流れを説明 日・英
17:40-17:50 1万7千⾏のKotlinを2週間かけ⼒尽くでScalaに移⾏した話 日本語 Kory
17:50-18:00 ここ数ヶ月でAkkaを勉強した方法について紹介 日本語 FUJII Yoshitaka @yoshiyoshifujii
18:00-18:10 Scala 初心者が Hom 函手を Scala で考えてみた 日本語 Kazuyuki TAKASE
18:10-18:20 Scala.jsにおけるクライアント-サーバー構成に関する考察 日本語 Splink株式会社 CTO 奥野
18:20-18:40 休憩
18:40-18:50 Scala初心者は◯◯◯にメソッドを生やしたいと考えた 日本語 集約のエンティティ @pictiny
18:50-19:00 Slinky で Scala.js製 React Webアプリケーションをつくったはなし 日本語 @nomadblacky
19:00-19:20 メンバー全員未経験の状態でスタートアップが
Scala×Play Frameworkを導入したことの効果と苦労点
日本語 株式会社KOSKA
CEO 曽根健一朗
CPO 森山和樹
19:20-19:40 休憩
19:40-21:40 懇親会

参加方法について

プレScalaMatsuriではDiscordZoomを利用します。本イベントページより参加申込み頂いた方に後日招待URLをご連絡いたします。
なお、Discord, ZoomともにPCからの参加をお勧めしております。

発表者の方へ

  • 可能であれば、登壇環境確認のための事前オンラインMTGへのご協力をお願いします。
  • スライドおよび発表言語は、日本語もしくは英語でお願いします。
  • 各LT枠は10分です。なお質疑応答は懇親会でも行って頂けるようにする予定です。
  • ScalaMatsuriではスピーカーを含む全参加者に行動規範の遵守をお願いしており、発表資料の事前確認を行っています。恐れ入りますがイベント当日正午までに資料送付ください。なお、資料は早めに送付頂けると大変助かります。資料送付は cfp[at]scalamatsuri.org までお願いします。

諸注意

行動規範をご確認の上、ご同意いただける場合のみご参加ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。