【オンライン】はこだてIoTハッカソン by #ヒーローズリーグ

イベント内容

ハッカソン概要

ITクリエイターの自由な創作活動を促進する、「つくりたい菌」を培養している法人一般社団法人MAは、ヒーローズ・リーグ オンライン 2020と連動するオンラインハッカソンを開催します。

オンラインハッカソンです!

名称に「はこだて」と書いてありますが、オンラインハッカソンなので【函館に所縁がある方】であれば、どなたでもご参加いただけます!
個人でもチームでもOKです。

ヒーローズリーグでは毎年、函館でハッカソンを開催してきました。
例:https://we-are-ma.jp/blog/hackathon-hakodate/
例年にそって「はこだてハッカソン」を開催しますが、本企画はオンラインであるため、函館に所縁がある方であればどなたでも参加をいただけます。
是非ご参加ください!

テーマ:M5StickC × ObnizOS

M5StickCとObnizOSを組み合わせて、IoTな何かを作ります!
ハッカソン当日アイデア発散&チームビルディングを行います。

各自M5StickCや必要部材をご用意ください

はこだて未来大学まで、手渡しで受け取りに行ける方は、塚田先生(情報アーキテクチャ学科 塚田研究室)より、M5StickCの貸出を受けられます。
貸出は未来大学生を主に想定していますが、どうしても必要な方は申込時のアンケートでご相談ください。詳細は以下をご確認ください。

【開発部材の貸出について】イベント申し込みを10/2土までに完了させてください

貸出を受けたい方は、イベント申し込み時のアンケートで必要な部材を申告ください。
また、イベント申込は10/2(土)までに完了させるようお願いいたします。
以下M5StickC以外で貸出を受けられる部材になります。各若干数の用意となり,貸し出せない場合もある点をご了承ください。

・M5GoIoTスターターキット(※6つセンサあり)
https://www.switch-science.com/catalog/3875/
・M5StickC PIR Hat(人感センサ)
https://www.switch-science.com/catalog/5756/
・M5StickC ENV Hat (温湿度センサ)
https://www.switch-science.com/catalog/5755/
・ M5StickC Speaker Hat
https://www.switch-science.com/catalog/5754/
・M5StickC用 Vibrator Hat
https://www.switch-science.com/catalog/6127/
・M5StickC Servo Hat
https://www.switch-science.com/catalog/6076/
・M5StickC ToF Hat(距離センサ)
https://www.switch-science.com/catalog/6059/
・M5Stack心拍センサ
https://www.switch-science.com/catalog/5695/
・M5Stack GPS
https://www.switch-science.com/catalog/5694/
・ カラーセンサユニット
https://www.switch-science.com/catalog/5218/
・ NeoPixelUnit20㎝
https://www.switch-science.com/catalog/5209/
・ NeoPixelUnit10cm
https://www.switch-science.com/catalog/5208/
・UnitV AI Camera
https://www.switch-science.com/catalog/6212/

使用技術

M5StickC

ESP32を搭載した小型のM5Stackです。ポータブルで使いやすいオープンソースのIoT開発基板で、プロトタイプを素早く作ることができます。

・参考ネタ・・・ https://tech.144lab.com/entry/M5StickC_Tips

ObnizOS

obnizOS(オブナイズ オーエス)はデバイス上で動作するソフトウェアです。 obnizOSをインストールすることで、クラウドからマイコン(デバイス)の遠隔操作、状態監視やAPIでの利用などobnizとしてあらゆる機能が利用可能となります。

・参考ネタ・・・ https://qiita.com/wamisnet/items/b154f0e696c1d57caf1c 

技術サポーター(ObnizOS)


豊田陽介 @youtoy
ビジュアルプログラミング交流会、他 
プライベートでの活動で、ビジュアルプログラミングIoTLTや他に複数のIoT・ビジュアルプログラミング・ロボットトイを取り扱う技術コミュニティを単独・共同で主催。ガジェットが大好きで、話題になったものをよく買いあさっており、自分で試作・開発をする際にもよく利用している(ビジュアルプログラミング・Node.jsと組み合わせることが多い)。普段の職場は某企業の研究所。


田中みそ @miso_develop
スマートスピーカーを遊びたおす会 
オッス!オラ田中!スマートスピーカー購入をきっかけにITに目覚めた日曜エンジニアだ! 好きな食べ物はRaspberry Piとバナナ!いっちょやってみっか!?

その他

ハッカソンとは

プロトタイピング作品を創るイベント、それが「ハッカソン」です。 その場で作ったチームで開発を進めますので、エンジニアの方はもちろん、エンジニア初心者のかた、デザイナーの方もお気軽にご参加ください! 当日は技術サポートを受けられる予定です。この機会に作品を作ってしまい、自らのスキルのジャンプアップを狙いましょう! ※個人での参加もチームでの参加も可能です。

準備物
  • PCやデバイスなど各自もくもく出来る準備物
  • お菓子や飲み物など自分が食べるもの(自分用)
  • オンラインを楽しむ気持ち
  • 家族・同居人の許可(大事)
こんな方に来て欲しい
  • テーマに興味がある方
  • オンラインハッカソンに参加したい人
  • リモートワークでフラストレーション溜まっている人
  • プロトタイピングに興味がある方
  • 斬新なアイディアに触れたいという方
  • 新規事業のタネを見つけたい方
  • なんとなく興味を持った人

タイムスケジュール

大まかなスケジュールです。進め方は当日変わる可能性もあります。

Day1

time contents
9:50 開場
10:00 オープニング・アイスブレイク
10:15 サポートインプット・アイデア発散・チームビルディング
11:15 つくるもの発表
ハッキングタイム・各自お昼
13:00 サポート付きハッカソンタイム
18:30 中間発表 &相互サポート時間
19:00 初日終了

Day2

time contents
9:50 開場
10:00 再開・再度アイスブレイク
10:15 サポート付きハッカソンタイム
12:00 お昼食べよう!
17:00 発表エントリー締切&別イベントへ移動
17:30 成果発表
18:30 終了

すべてオンラインで行います。

当日の注意

  • イベントの様子は撮影・録画・中継が入ります。
  • 内容は変更になる場合があります。
  • 開発環境か各自にてご用意いただきご参加ください。
    以上につき、あらかじめご了承ください。

質問・相談

ツイッター @mashupawardまでご連絡ください

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント