Backstage Pass to YCAM / ONLINE

イベント内容

イベント概要

札幌文化芸術交流センター SCARTSとSIAFラボの共同プロジェクト「アートエンジニアリングスクール」。 そのプログラムのひとつ、制作の裏側/バックステージの見学授業「Backstage Pass(バックステージパス)」、2回目は、山口県山口市にある山口情報芸術センター、通称YCAM(ワイカム)へオンラインで訪問します! ゲスト講師は、YCAMのディレクターの会田大也(あいだ・だいや)氏と伊藤隆之(いとう・たかゆき)氏です。

YCAMは、メディア・テクノロジーを用いた新しい表現の探求を軸に活動しており、展覧会や公演、映画上映、子ども向けのワークショップなど、多彩なイベントを開催されています。YCAMで生まれる数多くのメディアアート作品やワークショップ、コンテンツは、YCAMインターラボと呼ばれるスタッフのサポートにより制作されています。そこはどんなチームでどんな人たちがいるのでしょうか。 YCAMに行ったことがある人もない人も、普段は見ることのできない裏側を知る絶好のチャンスです!! SIAFラボのメンバーと一緒に訪問してみませんか?

YCAMについて: https://www.ycam.jp/

YCAMと札幌国際芸術祭との関係: 《フォレスト・シンフォニー in モエレ沼》《コロガル公園 in ネイチャー supported by 札幌丸井三越》《without records》など、2014年から芸術祭への作品出品などで関わりを持ってきました。

イベント詳細

Backstage Pass to YCAM / ONLINE

開催日:2020年11月7日(土)17:00〜18:30

オンライン開催


ゲスト講師

会田 大也 (YCAM アーティスティック・ディレクター) 伊藤 隆之 (YCAM R&Dディレクター)

モデレーター

岩田 拓朗(SCARTSテクニカルディレクター)

特別参加者

久保田 晃弘(SIAFラボプロジェクトリーダー)、小町谷 圭(SIAFラボプロジェクトディレクター)、石田勝也(SIAFラボプロジェクトディレクター)、船戸大輔(SIAFラボプロジェクトディレクター)

参加人数

40名程度(応募多数の場合、選考により決定します ※札幌市民、前回の参加者優先)

選考基準

  • 現代アートやメディアアートに興味があること
  • 本企画の趣旨を理解し、今後のイベント等に興味を持ってくれること
  • 参加の意気込みを申し込みフォームから入力してください|

申込期間

2020年10月23日(金)17:00 〜 11月2日(火)12:00

申込方法

本フォームからお申し込みください。 申し込みは応募人数が予定を上回る場合、応募内容を選考の上connpass上にてご連絡いたします。

特記事項

今回のイベント参加者は、次回以降のイベント等も優先的に参加可能となります。


アートエンジニアリングスクールカリキュラムについて

  • 7月 講義・演習動画 YouTubeで不定期配信開始
  • 9月 第1回 Backstage Pass(バックステージパス) to Rhizomatiks / ONLINE 実施
  • 10月 第2回 Backstage Pass(バックステージパス) to YCAM / ONLINE
  • 12月〜1月にもバックステージパスを実施予定です。さらに、アートエンジニアを紹介するコンテンツも続々公開予定です。

詳細が決まり次第、SIAFラボウェブサイトでお知らせします。 https://siaflab.jp/

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント