DBSJ presents 最強データベース講義 #2 RDFストア

イベント内容

お知らせ

  • 2020/11/11 公開しました

概要

日本データベース学会(DBSJ)が取り組む 「最強データベース講義プロジェクト」 は、データベース関連分野の幅広いトピックについて第一人者として最先端の研究をリードされている教授陣による講義動画を無償で提供しています。

参照:本プロジェクトの開催趣旨(by 喜連川先生) https://www.youtube.com/watch?v=oA2bg0qUiUA

本プロジェクトでは、リアルタイムなオンライン講義として公開収録したものを再編集し、後日講義動画として提供します。 講義動画は個人でのご聴講に加えて大学での講義など機関の利用もウェルカムです。その際には、DBSJにもご連絡頂けますと幸いです。

今回は、第2段の公開収録です。 これまでの開催と講義動画につきましては 本ページ下の「過去の開催と講義動画」をご覧ください。

Linked Open Data研究の第一人者である筑波大学 天笠俊之教授による 約30分間 の講義をZoom で収録します。 また講義の後に学生と先生とのオンラインでの交流の機会(質疑応答+α)を用意しています。 是非ご参加ください。

日時・講演内容

  • 日時:2020年12月16日(水) 18:30-19:30
  • 開催場所:オンライン(URL等は参加者に通知いたします)
  • タイトル:RDFストア
  • 講師:天笠俊之先生(筑波大学 計算科学研究センター 教授)

photo

講義概要:

近年,ビッグデータや人工知能(AI)を活用したシステムが脚光を浴びていま す.それを支える重要な技術の一つが,さまざまなソースから獲得された知識 をグラフ形式で蓄積した知識ベースです.知識ベースは,検索エンジンにおけ る検索結果の拡張をはじめ,さまざまな応用分野において実用的に用いられる ようになっています.本講義では,知識ベースの主要フォーマットである RDF(Resource Description Framework)について概要を説明するとともに, RDFの効率的な格納および検索を可能にするRDFストアの技術について,情報系 学部3年生程度にわかるように解説します.

講師紹介:

天笠俊之 先生(筑波大学 計算科学研究センター 教授)

1999年群馬大学大学院工学研究科修了.博士(工学).奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科助手,筑波大学大学院システム情報工学研究科講師,同准教授を経て,2017年より筑波大学計算科学研究センター教授.データベース,データマイニング等の研究に従事.日本データベース学会理事,情報処理学会,電子情報通信学会,IEEE各シニア会員.ACM会員.

過去のイベントと動画

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント