NTTデータならできる!12,000社に採用済みのシステム連携ソリューション、Boomi iPaaSの活用方法と北米最新DX事例

参加枠申込形式参加費 参加者
Boomi
先着順 無料 0人 / 定員100人

イベント内容

DXの重要性はあちこちで言われながら、日本の多くの企業では、事業や組織の変革などDX実現には至っておらず、その推進は行き詰まりの状況にあると言われています。この打開策は何なのでしょうか。

12月10日(木)、NTTデータとBoomiは、「NTTデータならできる!12,000社に採用済みのシステム連携ソリューション、Boomi iPaaSの活用方法と北米最新DX事例」オンラインセミナーを開催します。

本共催セミナーでは、NTTデータより、DX成功の鍵と、iPaaSによるAPIエコシステムの構築を通じてDXを推進する方法について、北米の最新事例を交えてご紹介します。また、Boomiより、システム統合を推進するポイントと、iPaaSがどのようにサポート・貢献できるかについて、デモを交えてご説明します。9月15日に開催のセミナーにご参加いただけなかった方々からのご要望により、同内容のセミナーとなります。この機会にぜひご参加ください。

このような方におすすめのセミナーです。

• DXの推進にお困りの方

• iPaaS、ローコード開発ツールをお知りになりたい方

• データ・システム連携ミドルウェアの導入・切り替えをご検討中の方

• 業務アプリケーションシステムの導入・切り替えをご検討中の方

【開催概要】

日時:2020年12月10日(木)14:00~15:10

費用:無料(事前申込制)

共催:NTTデータ、Boomi

形式:オンライン(GoToWebinar)

【詳細・お申込み】

https://bit.ly/37ggXz3

【セッション概要】

第一部:NTTデータ

■ タイトル:既存IT資産とデジタルを融合するDX戦略

■ 概要:ブラックボックス、肥大化、密結合、… 既存IT資産の課題は枚挙にいとまがありません。DX成功のカギを握るのは、複雑な構造となっているシステム同士をAPIで繋ぐことで、既存IT資産を有効活用しながら段階的にモダナイズするアプローチです。本セッションでは、iPaaSによるAPIエコシステムの構築を通じてDXを推進する戦略をご紹介します。

第二部:Boomi

■ タイトル:DXを活性化する迅速なシステム連携とは

■ 概要:システムが統合されることによる価値は明らかです。しかし、システム統合は容易ではありません。計画から実装、テスト、運用に至るまで多大なコストが掛かる場合があります。また、システム統合により、システムの複雑さが増すようなケースも見受けられます。ビジネスの要件に合わせて、統合を変えていく必要性をベンダーは随分前から唱えていますが、実際の難しさは想像以上です。可能なところから少しずつ統合を広げて行くという方法が、システム統合を推進するポイントだと考えます。それをどれだけiPaaSがサポートできるか、Boomiが貢献できるポイントについて、デモを交えてご説明いたします。

第三部:NTTデータ

■ タイトル:最新事例紹介

■ 概要:NTTデータでは、国内外で様々なインダストリのお客様へのiPaaS導入実績を有しています。本セッションでは、最新事例をご紹介します。

【登壇者】

■ NTTデータ

技術革新統括本部 システム技術本部 デジタル技術部 インテグレーション技術担当

宮崎 慶

略歴:NTTデータに入社後、システム開発、中国グループ会社駐在員、全社技術部門の企画戦略を担当したなんでも屋さん。現在は「APモダナイゼーション(TM)」 の手法を用いた既存IT資産のDXを推進。iPaaSで新しい風を吹かせましょう!

■ NTTデータ

技術革新統括本部 システム技術本部 デジタル技術部 インテグレーション技術担当

鐘ヶ江 越

略歴:オープン系エンタープライズシステムのアプリケーション開発案件を複数経験した後、システムのデジタライゼーションに関する研究開発に従事。直近では、iPaaS製品の国内システム導入に関するR&D/導入支援を担当している。

■ Boomi

プリセールス ソリューション・コンサルタント 

中川 和芳

略歴:インテグレーションとサイバーセキュリティの領域でプリセールス活動に従事。お役に立てることであれば、自社ソリューションに限らず、お話させていただくのを信条としている。

皆様のご参加をお待ちしております。

• セミナー内容は変更となる場合があります。ご了承ください。

• お申込みの際はお勤め先のEメールアドレスでご登録ください。

• 同業の方につきましては、お申込み・ご参加をお断りさせていただいております。

本イベントは終了しました