Oracle Developer Days

イベント内容

今年はオンライン(Zoom)でOracle Developer Days 開催!

申し込み方法

こちらより、お申し込みをお願いします。
★イベントTOP PAGE★
https://www.oracle.com/jp/cloudday/

★12月17日開催 Orace Developer Days-最新データベーステクノロジー★
URL: https://go.oracle.com/LP=100714

★12月18日開催 Orace Developer Days-最新クラウドテクノロジー★
URL: https://go.oracle.com/LP=100755


*登録完了後に送付される『登録完了メール』はイベント当日までお手元に保管いただきますようお願いいたします。
*お申し込み方法に関するお問い合わせはOracle Developer Days事務局 : oracle-events3_jp@oracle.comへお願いします。

オンライン参加方法

当日はZoomを使用して開催します。
イベント登録サイトよりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。
そちらのメールに当日の参加用 URLとPWが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。
*登録完了後に送付される『登録完了メール』はイベント当日までお手元に保管いただきますようお願いいたします。

基調講演
*各セッション情報については上記「申し込み方法」よりご確認ください

12月17日(木)13:10~
LINEにおけるMySQL運用の現状とバージョンアップを支える仕組み

LINEではプライベートクラウドを通じて数千台規模のMySQLを提供・運用しています。
このセッションでは大量のMySQLインスタンスを安定して運用する仕組みと我々が直面している課題について紹介します。
また、運用を効率化・自動化するために開発・公開しているツール群も紹介します。

登壇者:大塚 知亮 氏 LINE株式会社

2018年にLINEに新卒入社。
以降Database室にてMySQLのオペレーションと自動化のシステム開発を担当。
MySQLの内部構造を理解するために簡単なストレージエンジンやプロトコルパーサーを自作して楽しんでいます。

SNSでのアカウント名は tom__bo

12月18日(金)13:10~
日本IBM、日本マイクロソフト、日本オラクルが本音で語る、”クラウド開発 コトはじめ”

エンタープライズでのクラウド活用が加速し、クラウドファーストでのシステム開発も当たり前になりつつある一方、クラウド開発を始めてみたが、このままでいいのか不安に思っている方も多いのも事実です。

そのような、これからクラウド開発を始めようとするエンジニアのために、日本IBM、日本マイクロソフト、日本オラクルの有識者が、エンタープライズ企業でクラウド開発を本格的に進めるにあたってのポイントについて議論します。

登壇者:廣瀬 一海 氏、日本マイクロソフト株式会社

(社)日本医師会総合政策研究機構 客員研究員、他数社を経て2015年12月から日本マイクロソフトに在籍し、Azure Technology Solutions Professionalにて経験を積み、ソフトウェア開発技術、インフラストラクチャ、ネットワーク技術、データ分析技術などの幅広い知識を有し、エンタープライズ企業を中心に、同社のクラウドであるMicrosoft Azureに関する技>術支援、アーキテクチャのコンサルティングを提供しています。
金融、医療、ゲーミングなどの分野の設計、開発を得意としており、業務の傍らで外部セミナーへの登壇、Webメディアへの執筆活動なども精力的に活動しています。

現在は、クラウド開発者へのマーケティングチームの一員として、Azureを含むMicrosoft Cloudのクラウド開発者の成功に焦点を当てています。
その経験と実績から、在籍前からはMicrosoft Most Valuable Professional を受賞し、Microsoftへ在籍してからは、Microsoft Champion Award 、Microsoft Founders Award、Microsoft Gold Club Awardを受賞しています。

登壇者:萩野 たいじ 氏、日本アイ・ビー・エム株式会社

元美容師で元音楽家。
ソフトウェアエンジニアへ転身後、有限会社アキュレートシステムを起業。
その後、商社系SIerを経て、現在はIBM Globalチームに所属し、Developer Advocateとして技術者へリーチしたマーケティング、DevRel(Developer Relations)を展開。Java、PHP、Node.jsなどを中心にWeb系の開発が得意分野。

著書に『開発者向けマーケティング DevRel Q&A』(インプレスR&D)『はじめてのNode-RED』『Node-RED活用マニュアル』(工学社)など。

登壇者:野中 恭大郎、日本オラクル株式会社

ERPパッケージベンダーに新卒で入社後、レガシーなアプリをいかに改善していくかという業務に従事。
主に機能開発やパフォーマンス改善、フロントエンド基盤のリプレイスを担当。
日本オラクルに入社後は、アプリ開発者としての経験を活かし、サーバレスやKubernetesなどのCloud Native領域を担当。

Oracle Code Night : Oracle Cloud Hangout Cafe メンバー

プライバシーポリシー / 個人情報の取り扱いについて

https://www.oracle.com/jp/legal/privacy/privacy-policy.html

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント