第3回全体定例会『リアルとネットを繋ぐ、価値デザイン社会実現に向けたDX』

DX

イベント内容

2020年度 第3回全体定例会
『リアルとネットを繋ぐ、価値デザイン社会実現に向けたDX』
開催日時:1月25日(月)15:00~17:00
開催場所:https://zoom.us/j/99501693899
ウェビナーID:995 0169 3899
パスコード:187390

参加申込み:https://aitconsortium.doorkeeper.jp/events/115062

1.会長挨拶

「価値あるDXを進めるための3つのステップとPDEMスパイラルアップ」
概要:デジタル変革(DX)を価値あるものにするためには、単にIT導入だけではなく、価値創出プロセスの改善、創造が必要である。そのための3つのステップを「守破離」に即して解説する。また人工知能技術コンソーシアムのDXプロジェクト推進を発展させる基本構造としてPDEMスパイラルア ップを紹介する。
講演者:会長 本村 陽一

  1. 2020年度新WG紹介

① Human Resource WG 
「人事領域におけるデータ活用」
概要:Human Resource WGは昨年発足され、主に人事領域における「データ活用」に関してセミナーや勉強会を行ってきました。今回はデータ活用に関して一部抜粋した具体的内容や共同研究の概要などを説明させていただきつつ、来年度の活動に関してもお話させていただきます。
講演者:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科特任助教 佐藤 優介様

② バリューデザインWG
・「ソサエティ5.0/人生100年時代のバリューデザイン」
概要:昨夏、バリューデザインワーキンググループが設置されました。バリューデザインとは何か、なぜそれが個人に必須スキルとなるか、我が国社会の文脈にそって御説明します。
講演者:内閣官房 参事官補佐 宇津木 達郎様
・「バリューデザインWGの使命とAIプロジェクト・DX推進の加速化に向けた取り組み」
概要:AIコンソーシアムで成功した取り組みについて分析し、その成功要因を形式知化、さらに発展させ、AIコンソーシアムの皆様が、幅広い分野で、DX推進リーダーとなり、オープンイノベーションを推進していくためのバリューデザインの考え方を体系化し、実践していくことを体系化する取り組みを具体的にご説明します。
講演者:ジェイ・フェニックス・リサーチ株式会社 代表取締役 宮下 修様

  1. WG活動報告

① 関西支部
「実証プロジェクト活動報告」
概要:関西支部WGが今年度取り組む、AIビジネス創出アイデアコンテストや大阪・関西地域を中心とした実証プロジェクトの活動状況を報告する。
講演者:大阪商工会議所 産業部 野間 康平様

② 東海支部
「東海地区会員の共有課題解決と価値創造に向けた取組み」
概要:東海支部では共有課題のプロジェクト活動を複数実施しています。個々のプロジェクト紹介と成果をご紹介致します。
講演者:東海ソフト株式会社 伊藤 久司様

③ ものづくりWG
『IoT・AI 推進プロジェクト in Nagasaki 令和2年度活動実績』
概要:長崎県の補助事業を利用して実施中の実証評価の内容と令和3年度へ向けた取り組みについて。
講演者:株式会社システック井上 井上 貴夫様

③ AIサービスシステムWG
「リアルとネットを繋ごう~体験価値のデジタル化~」
概要:リアルイベント・オンラインイベント共通に、イベントで生み出される価値を扱い、それら価値創造に関するデータを収集しサービスシステムを実現するユーザ対話型のアプリの開発が出来る基盤ソフトウェアを用いたアプリを活用し、2020年度実証実験を行ってきました。その具体的事例をソフトウェアの説明と共に行います。
講演者:国立研究開発法人 産業技術総合研究所 山下 和也様

④ 観光WG
「観光分野でのWebツアー実証実験(安来PJ)」
概要:安来市の島根県立情報科学高校様と共同でWebツアーの実証実験を行う予定です。実験内容をご紹介し、観光分野でWebツアーを活用することの意義について考えます。
講演者:シナジーマーケティング株式会社 西尾 義英様

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。