2月:オープンソースのイベント開催Webサイト開発を学ぶ

イベント内容

ハンズオンで学ぶ "オープンソースのイベント開催Webサイト(多言語対応)開発を学ぶ 2月

 

午前の部、概要は無料、午後の部ハンズオンは有料です。

 

イベントサイトの概要

  
API-First-JSON-React-Headless-Decoupled-OpenSource-CMS-Drupal-Camp-Tokyo-2019_2.png

 

セッションスピーカーの紹介

  
Mateu-Aguiló-Bosch-API-First-Decoupled-Drupal-キャンプ_s2.png

 


概要

オープンソースCMSのDrupalを使って本格的な多言語対応のイベント開催Webサイトを構築するハンズオン講座です。バーチャル・オンラインイベントにも対応、参加者登録とユーザー権限で参加者とのコミュニーケーション、ニュースレターとの連携、モバイル対応、他、さまざま実用的な機能が組み込まれています。各ページや動的なメニューやブロック、拡張モジュールまで含めて多言語対応が可能です。


午前中は、その概要を1時間で簡単に説明します(無料)。午後は、オンラインの有料ハンズオンワークショップを午後1時から行います。有料コースの請求書で振り込みなどの場合は、お問い合わせください。ここから  

当日知りたいこと

ご希望の方は前日までに、Doorkeeperの勉強会の お問合わせページ から知りたいことを送って下さい。

参加対象者

イベント開催サイト構築の概要

  • イベントを開催して集客したい
  • イベント事業のデジタルトランスフォーメーションを推進したい
  • Drupalの応用を知りたい、使ってみたい
  • 既存のイベントホームページのリプレースで採用したい
  • 企業や団体でのイベント情報発信を多言語化したい
  • 既存のイベント登録サイトを多言語化でリニューアルしたい
  • スマートフォン対応で構築したい!

本イベントはオープンソースCMS DrupalコミュニティのDrupal Code of Conductにもとづいた活動です。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント