【Agile Studio ウェビナー】アジャイルと契約(※Zoom開催) #AgileStudioWebinar

イベント内容

昨年、アジャイル開発のモデル契約が「IPA/経産省のモデル取引・契約書見直し検討部会 DX対応モデル契約見直し検討WG 」と「情報処理学会 情報処理に関する法的問題研究グループ(LIP) 」より公開されました。
今回は私(木下)が両モデル契約の策定に携わった立場からそれぞれのモデル契約書のポイント、共通点、相違点の比較をご紹介します。また、モデル契約を適用する上での前提や注意点についても解説します。


内容(学んでいただけること)

  • 契約書の目的と機能
  • アジャイルと契約の課題
  • IPAモデル契約とLIPモデル契約の比較
  • 偽装請負
  • アジャイルな見積りと契約
  • アンチパターン
  • アジャイル開発の判例


対象となる方

アジャイルでの受託開発の受発注に関わる方


講演者

木下 史彦

small_kinoshita.jpg

アジャイルコーチ ・ Agile Studio プロデューサー
2005年頃からエクストリームプログラミングを開発現場で実践。2010年には「価値創造契約」を提唱。現在はアジャイルコーチとして「まっとうなアジャイル開発」を標榜して日々コンサルティング・コーチング活動に従事。自動車メーカー、医療機器メーカー、通信キャリア、金融機関などのDXを推進。IPA「DX対応モデル契約見直し検討WG」の委員も務める。監訳書に『アジャイルプラクティス』(オーム社)、『アート・オブ・アジャイル デベロップメント』(オライリー)がある。


参加にあたって

Zoomビデオ会議を使用しますので、Zoomが利用できるようにご準備ください。

個人情報の取り扱い

以下のWebページからご確認下さい。
https://esm.co.jp/policy/

Agile Studio について

ホームページ

お問合せ先

Agile Studio 窓口担当 川西まで
e-mail:agile-studio@esm.co.jp

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント