Concordium Genesis メインネット・ローンチイベント

イベント内容

ブロックチェーンと規制の準拠

ビットコイン、イーサリアムなどの第一世代の暗号通貨におけるプライバシーの欠如は、暗号通貨の研究においてよく知られています。多くのシステムが提供する匿名性は、現在のビジネスや法律の環境では根本的に問題があるように思われます。銀行やその他の金融機関は、Know Your Customer(KYC)やAnti Money Laundering(AML)などのルールに従わなければなりません。また、暗号通貨が提供する(疑惑または現実の)匿名性の保証が、暗号通貨を違法行為(脱税、ランサムウェア、違法物質の取引など)を助長する手段として悪意のある行為をこの分野に引き寄せています(Concordium, 2021)。

Concordiumブロックチェーン

Concodiumは、規制要件に合う、企業が提供するサービスに不可欠なアイデンティティ・ソリューションを内蔵した、ブロックチェーン・プラットフォームです。その目的は、プライバシーを維持しつつ、現行の規制に準拠し、社会的利益と相容れない目的でブロックチェーン技術が利用されることを防ぐことです。

HashHubリサーチによるConcordiumブロックチェーンの公開レポート

Concorduimの会長であり、プロジェクトを立ち上げた Lars Seier Christensen は、1992年にオンライン取引・投資プラットフォームである、デンマークのオンライン銀行 SAXO BANK を共同設立し、FX・デリバティブ取引の世界的な先駆者となりました。彼は20年以上にわたってSAXO BANK の共同CEOを務めました。

CEOの Lone Fønss Schrøder は、現役のボルボ・カーズの副会長、イケアの取締役であり、 世界最大の海運会社であるA.P. Moller-Maersk社に22年間在籍し、上級副社長としてMaersk Procurement社とStar Air社を設立しました。幅広い分野で経営者としての経験を持ち、フィンテック企業 CashWorksの共同設立者です。

サイエンスパートナーとして、デンマークのオーフス大学、スイス連邦工科大学チューリッヒ校 ETH、コペンハーゲンIT大学 ITU、インド理科大学院大学が参加して、 ブロックチェーン技術、基礎となるブロックチェーン理論、暗号技術の研究を行い、オープンソース、パーミッションレス、分散型ブロックチェーンの構築を支援してきました。

2021年4月 Concordiumが約39億円の資金調達、企業評価額は約1,578億円(約14.5億ドル)

2021年3月 パブリックブロックチェーンConcordiumが約17億円の調達を発表、調達はSAFTスキーム

2021年2月 ボルボの筆頭株主でもあるジーリー(吉利)とのブロックチェーンサービスでの合弁事業発表

メインネット・ローンチ・イベント"Concordium Genesis"

"Concordium Genesis"は、Concordiumブロックチェーンのメインネットローンチを記念するイベントです。スイスに本部を置くConcordium財団は、6月9日にグローバルに向けた"Concordium Genesis"イベントを開催します。そして6月12日(土)に日本向けに、日本のステークホルダーたちが参加するイベントを開催します。

Concordium Genesis Live Stream Event(英語版)2021年6月9日 日本時間午後9時(午後2時 CEST)

登壇者(6月9日グローバル向けのイベントです)
・Lars Seier Christensen, Founder and Chairman of Concordium Foundation
・Lone Fønss Schrøder, CEO
・Michael Jackson, Former Skype COO and Concordium Advisor
・Jørgen Hauglund, CFO
・Torben Pryds Pedersen, CTO
・Beni Issembert, CMO

参加企業、団体、政府機関

イベントサポーター

あたらしい経済

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号資産)、NFT、DeFi、トークンエコノミー・ フィンテックなど、これからの「あたらしい経済(New Economy)」をテーマにした幻冬舎のWEBメディアです。

法律事務所ZeLo・外国法共同事業

2017年3月に設立された、企業法務専門の法律事務所です。「From Zero to Legal Innovation」を掲げ、スタートアップから中小・上場企業まで、企業法務の幅広い領域でリーガルサービスを提供しています。

AI契約審査プラットフォームなどを開発する株式会社LegalForceと同じ創業者によって設立されており、リーガルテックやITツールを積極的に業務に取り入れ、企業の経営と事業の成長をサポートしています。2020年に設立したZeLo FAS株式会社と連携し、M&Aやファイナンスなどにも強みを有しています。

Fintech協会会員告知協力

一般社団法人Fintech協会

Fintech協会は、Fintechスタートアップ企業が中心となり、日本を代表する大手企業との活発な交流活動を通じてユーザのためのイノベーションを促進し続けるという社会的意義のもとで活動しています。

*Concordium財団はFintech協会の法人会員に加盟しています。

協力

株式会社LIFULL ブロックチェーン推進グループ

ブロックチェーン技術の不動産業界、不動産のデジタルアセット化とそれに伴う利便性向上に取り組んでいます。2020年8月不動産事業者向けたセキュリテイ・トークン発行プラットフォームの提供を開始しました。

在日スイス大使館 スイス・ビジネス・ハブ貿易・投資促進

在東京スイス大使館内にオフィスを置き、スイスの日本における輸出戦略を実行するとともに、スイスのビジネス拠点としての魅力を伝える役割を担っています。

スイス・ツーク州を中心にクリプトバレー(Crypto Valley)と呼ばれる地域には、世界からブロックチェーン技術に関連した企業が900社以上が集まっています。スイスは低い税制、優秀な人材が集まる研究開発に適した環境として、10年連続で世界で最もイノベーションが盛んな国として評価されています。

*Concordium財団は、スイス・ツーク州にConcordium AGとして本部を置いています。

共催

株式会社 HashHub

HashHubは、ブロックチェーンと暗号資産が社会に溶けた世界に向けて、その世界に必要なこと、およびその世界に向かう過程で必要なことに取り組んでいます。これらの分野を数十年に一度のパラダイムシフトと捉えて様々な事業を展開しています。

Concordium 財団

スイスに本部を置く非営利財団。匿名性と説明責任のバランスをもつ、自己主権型アイデンティティとコンプライアンスを中心としたパーミッションレス・ブロックチェーンを研究開発しています。

タイムテーブル

時間 内容 発表者
13:55 開場(オンライン)  
14:00 ~ 14:05 あいさつ Concordium、HashHub
14:05 ~ 14:10 プロジェクト紹介 太田真 / Concordium
14:10 ~ 14:25 メカニズム/概要 藤田拓也 / HashHub
14:25 ~ 14:35 メカニズム/IDプロトコル 菅野佑哉 / リサーチャー
14:35 ~ 14:45 分散型アイデンティティ 日置玲於奈 / ToyCash
14:45 ~ 14:55 不動産STOとKYC 松坂維大 / LIFULL
14:55 ~ 15:05 ブロックチェーン×KYC 法的論点 高井雄紀 / 法律事務所ZeLo
15:05 ~ 15:20 パネルディスカッション/モデレーター  竹田匡宏 / あたらしい経済
15:20 ~ 15:30 スイスxブロックチェーン  松田俊宏 / 在日スイス大使館
15:30 ~ 15:35 Concordiumからのことば (一部変更)
15:35 ~ 15:40 終わりのあいさつ  Concordium、HashHub

登壇者プロフィール

エンジニア

藤田拓也

エンジニア 株式会社HashHub

筑波大学卒業。2015年からwebアプリやサービスの開発を行い、2017年初めにNEMを保有していたことをきっかけに暗号通貨を本格的に学び始める。最近はインターオペラビリティに興味を持ちCosmosコミュニティなどにも参画している。

日置玲於奈

CEO 株式会社ToyCash

zkRollupのフィナリティシステムとそれに関連するトークンエコノミクスを開発するSolidityコーダー。Ethereum Researchでも活動している。

菅野佑哉

リサーチャー/エンジニア

開発者が集まるコワーキングスペースを運用するブロックチェーンの総合企業でリサーチャーとして活躍後、フリーランスでアプリケーション開発やブロックチェーンに関するリサーチレポートを執筆する。Ethereumプラットフォームでの開発経験をもつ。

ブロックチェーンビジネス

松坂維大

グループ長 株式会社LIFULL ブロックチェーン推進グループ

株式会社LIFULLの創業期メンバー。 新規事業をスピンオフさせたグループ会社LIFULL FinTechの代表取締役を経て、ブロックチェーン推進グループに。「ブロックチェーン×不動産」をテーマに分散台帳技術による情報共有コンソーシアム「ADRE」の立ち上げ、不動産のトークン化に関するプロジェクトに従事。

高井雄紀

弁護士 法律事務所ZeLo・外国法共同事業

2012年一橋大学法科大学院修了。一般企業にて東南アジア進出ビジネスに従事した後、2016年弁護士登録(第一東京弁護士会所属)。三菱重工業株式会社を経て、2018年法律事務所ZeLo・外国法共同事業に参画。ブロックチェーン、暗号資産の流行前からその潜在性に注目して研究を進め、現在ではその知見を活かして当該分野の法務を多数担当。

ブロックチェーンメディア

竹田匡宏

ジャーナリスト あたらしい経済

早稲田大学人間科学部卒。幻冬舎でブロックチェーンに特化したWEBメディア「あたらしい経済」の立ち上げに参加、運営および取材編集を行う。

ブロックチェーン、クリプトバレーの中心 ~ スイス ~

松田俊宏

投資促進部長 在日スイス大使館 スイス・ビジネス・ハブ貿易・投資促進

米国大使館商務部・情報通信機器担当専門官、オランダ外国企業投資誘致局・プロジェクトマネージャーを経て、2012年より、在日スイス大使館 スイス・ビジネス・ハブ 投資促進部門で日本企業の欧州での事業展開・スイスでの会社設立等のコンサルティングサービス、およびスイスの大学、研究機関、企業とのオープンイノベーションの促進を担当し、2019年より現職。

Concordiumブロックチェーン

太田真

Japan Lead Concordium財団

レ・ロッシュ スクール(スイス)ホスピタリティマネージメント卒。ITベンチャー、日本オラクルでホスピタリティ領域でのシステム導入コンサルタントの経験。2018年からレイヤー1ブロックチェーンの財団の活動に参加。国内の大学/専門学校で300名以上の学生にブロックチェーン技術のワークショップ、教育ハッカソンを無償で提供。Concordiumブロックチェーンの日本マーケット展開を担当。

配信

connpassでの登録、YouTube配信のリンクを送付します。
*connpassのメッセージ機能からイベントスタート前にリンクをお送りします

その他注意事項

・イベント内容は一部変更になる可能性がございます。

暗号資産の投資取引及びこれに類似する行為の禁止について

暗号資産取引またはこれに類似する会話・行為の一切をイベント内外(SNSグループ)に関わらず、禁止します。

免責同意について

当イベントに参加するにあたってイベント中に起こった紛争につきましては全て参加者ご自身の責任となります。当イベントに参加する ことに関連する全てのリスクを理解した上でご参加下さい。

知的所有権について

  1. 当イベント内で配布された資料、その他の発表者が作成した文書などの無断複製及び無断転記を禁じます。
  2. 写真、動画撮影及び録音などの行為はご遠慮下さい。

*発表者の許可によりこれに限らない

個人情報について

当イベントは参加者より収集した個人情報を厳重に管理し、本人様の了承を得た場合を除いては営業目的として第三者に情報を開示及び提供を行いません。尚、取得した情報は共催者でのみ共同利用致します。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント