Arduinoを触ってみる

参加枠申込形式参加費 参加者
一般参加
先着順 500円
現金支払い
0人 / 定員10人

イベント内容

エンジニアハウスって?

最近は色々な知識、職業を持つエンジニアが揃ってきており、いろいろな物作りができそうで面白くなってきました。

どんな人が集まっているのか ひとことで言うと「自分で遊べる人」です。

難しいことではありません。

例えば公園の砂場に行ったら設計図なくても砂山とか作りますね。 山に行ったら、枝とかで武器作りますよね。

そんな感じで、デバイスや資材があれば何をして遊ぼうかとワクワクするような人が集まってきています。 (スマホゲームのような、遊べるものを与えられないと遊べない人は向いてないです)

初心者でも大丈夫?

現時点でスキルや知識がなくても構いません。

プログラミング業界なんて、今ある知識が1年でほとんど役に立たなくなることなんてザラですので、 数ヶ月もあれば知識を吸収して物を作ることができます。 (もちろん、エンジニアハウスに来ている人が親切に教えてくれるのもあります)

むしろ、土日も仕事をもくもくと片付けているようなつまらないエンジニアよりも、遊び心のあるプログラミング初心者のほうがずっと伸び代があると私は思います。

今何やってるの?

私はラズパイで水やりを制御しながら水耕栽培をやっています。

その他、メンバーページをnuxt/vueで作ったり、入退室をICOCAとNFCで管理するなど、特技を活かしながら色々作ってます。

メンバーは、音楽や楽器を自主制作するなど、みんな好き好きにやってます

設備など

DIYの道具(電動ドリルやノコギリなど)は買い揃えています。

木材は余分にあるので、棚とか椅子とか好きに作ってください。

電子工作の部品やデバイスも揃っています。

よくありがちな、Amazonでデバイス買ったけど、接続のための部品忘れた → 買い直しのために数日かかる なんていうつまらない時間の無駄・ストレスを無くして、ものづくりに時間かけましょう。

参加申し込みについて

私は普通の会社員のためconnpassをマメにチェックしておらず、確認が遅れる場合があります。 参加希望される方は以下のメールアドレスへ個別に連絡ください

zhitian_xiongtai@yahoo.co.jp

本イベントは終了しました