Wiresharkによるパケットキャプチャとトレンド分析応用 申込みは弊社Webへ

参加枠申込形式参加費 参加者
告知のみお申込みは必ず弊社Webへ
先着順 25,000円
現金支払い
0人 / 定員10人

イベント内容

こちらのセミナは告知・宣伝のみになります。お申込みの際は必ず弊社HPからお申込みください。
https://www.ikeriri.ne.jp/store/wireshark9-20211209.html
定員10名1名様¥25,000円(消費税込)

新型コロナウイルス(COVID-19)対策について

緊急事態宣言解除されましたが、細心の注意の上で開催を予定しております
・入口に消毒アルコールの設置 こちら簡単ではありますが手指の消毒ができます
・一人一人にアルコールシートの配布 配布物にアルコールシート2枚を用意しております。
おしぼりもう1人一つ用意してますので、キーボードをはじめ、消毒いただければ幸いです。
28名までの会場で最大14名で受講生の間の距離は十分に確保されています。
・講師の竹下自身は健康ですが、マスクを着用して実習を進めるようにします。

概要

実務で活用できる最新Wiresharkの高度なTIPSとテクニックを習得します。
最新版Wiresharkへのキャッチアップ
Wiresharkの高度なカスタマイズ TIPS
Wireshark 関連のコマンドラインツールの活用
(tshark/dumpcap/リモートキャプチャやバッチの活用)
スクリプト/tshark/mergecap/editcapを連携してのバッチ処理
長時間、大容量のキャプチャファイルの取得と処理
表示フィルタ・キャプチャフィルタの活用
最新のTCP(FastOpen/Compaund TCP他)
トレンド分析・トラブルシューティング
HTTP/HTTP2 VoIP SSL/TLS暗号解読
といったプロトコル別のダンプ解析のテクニックなどデバッグ技術を紹介。
ぜひ入門とセット受講をおすすめします

目的

・実務レベルのパケキャプとダンプ解析ができる
・ネットワーク機器やトラブルのデバッグができる
・目的に応じてWiresharkの統計機能を活用して必要とする報告書やグラフを作成できる。
・Wireshark 関連のコマンドラインツールの活用(tshark/dumpcap/リモートキャプチャやバッチの活用)
・長時間、大容量のキャプチャファイルの取得と処理
・HTTP/HTTP2の知識を用いてダンプ解析できる
・スループットに関するトラブルシューティングができる
・TCPに着目した遅延分析と切り分けができる
・SSL/TLSの暗号解読・復号化ができる
・セキュリティに関するダンプ解析と分析ができる
※Wiresharkによるパケキャプとトレンド分析入門セミナを受講された方か、同程度の知識がある方を対象とします。 (入門と連続しているので、是非入門セミナの受講お勧めします。)

詳細・お申込みは弊社Webへ

こちらのセミナは告知・宣伝のみになります。
お申込みの際は必ず弊社HPからお申込みください。
https://www.ikeriri.ne.jp/store/wireshark9-20211209.html
定員10名1名様¥25,000円(消費税込)