秘密計算.jp#4 秘密計算の実証実験とは?〜秘密計算スタートアップ側からの目線〜 by秘密計算コンソーシアム

参加枠申込形式参加費 参加者
参加定員
先着順 無料 47人 / 定員100人

イベント内容

秘密計算.jp#4 概要

秘密計算.jp#4では、秘密計算がPoC(実証実験)の場面でどのように使われているのか、秘密計算スタートアップ側からお話しします。
デジタルガレージDG Lab CTOの竹之内氏は十数年間、匿名化や秘密計算などのセキュリティ・プライバシ技術の研究開発・事業開発に従事。国内の秘密計算事情に精通する人物です。デジタルガレージでのPoC事例をはじめ、NECの大阪大学とのゲノム編集に秘密計算を用いた事例など、国内外の秘密計算に取り組む企業が行う事例について紹介していただきます。
また秘密計算スタートアップからは、EAGLYSAcompanyが登壇。EAGLYSは、JR東日本と「秘密計算×パーソナルデータ」をテーマに新たなビジネス創出に向けた協業実績を持っています。同協業は「JR東日本スタートアッププログラム2020」を通じて、テストマーケティングを実施。その他にもSAPなど、リアルタイムビッグデータ分析におけるセキュリティ・秘密計算の実現へ向けた取り組みを行っています。
AcompanyではDACとデジタルマーケティング領域でPoCを実施。他にも、国立法人東海国立名古屋大学医学部附属病院と共同研究を行っています。EAGLYSとAcompanyからは、実際に現場で秘密計算を活用して出てきた新たな気づきや課題などについて語っていただきます。

また第5回において、実際に秘密計算スタートアップと実証実験を行った事業会社が登場します。今回はPoC第1弾として、秘密計算スタートアップ側から見た事例をお楽しみください!

〈こんな人におすすめ〉

  • 秘密計算とは何か知りたい
  • 秘密計算が実際にどのような場面で使われているのか知りたい
  • 秘密計算を啓蒙する草の根活動を聞いてみたい
  • プライバシーテックが今後どう進化していくのか知りたい

秘密計算.jpとは

秘密計算.jpは、プライバシーテックに関する定期イベントです。秘密計算を活用したビジネスやテクノロジーなど、さまざまなテーマについて毎月第一水曜日に開催します(カレンダーに応じて日程変更あり)。

秘密計算コンソーシアムとは

秘密計算コンソーシアムとは、秘密計算を中心とした、プライバシーテックに関連する情報発信およびイベント開催を行うコミュニティです。個人情報保護法の改正をはじめとしたデータ活用とプライバシー保護がコンフリクトしている現状に対応すべく、法令遵守したデータ活用やプライバシー保護テクノロジーの勉強会や情報発信を行っています。
同コンソーシアムの参加特典には、秘密計算.jpの先行予約と、毎月第1・3月曜日に配信する「限定メールマガジン」があります。また、毎月第1・3月曜日に配信する限定メールマガジンでは、秘密計算をはじめとする国内外のプライバシーテックに関する情報をまとめて配信しています。
秘密計算コンソーシアムのご登録はこちらから。

秘密計算とは

秘密計算とは、データを保護しつつ、企業・組織間で暗号化したまま計算できる技術です。
通常、データを外部に提供する場合、対象となるデータを暗号化して提供し、提供先で「生」データにもどして分析する必要があります。一方で秘密計算の場合は、データを暗号化したまま分析することが可能です。

登壇者

株式会社デジタルガレージ DG Lab CTO(Security) 竹之内 隆夫 氏

image

2005年 日本電気株式会社(NEC)に入社。以後、現在に至る十数年間、匿名化や秘密計算などのセキュリティ・プライバシ技術の研究開発・事業開発に従事。2013年電気通信大学大学院博士後期課程修了、博士(工学)。2019年に株式会社デジタルガレージに入社。
現在、研究開発部門のDG Lab本部におけるChief Technology Officer (Security)として、秘密計算を含むセキュリティ・プライバシ技術の研究開発・事業開発に従事。特に、安全なデータ利活用を支えるセキュリティ・プライバシ技術の実用化には法制度等の整備も必要と考え、講演や記事執筆や法学者との連携など、社会実装に向けて精力的に活動中。特に近年は、秘密計算に関する関連企業の連携の場として、「秘密計算研究会」や、一般社団法人データ社会推進協議会の「秘密計算活用WG」を発足させた。

HPはこちらから

EAGLYS株式会社 代表取締役CEO 今林 広樹 氏

image

早稲田大学大学院在籍中、米国でデータサイエンティストとして活動したことを契機に「AI・データ利活用時代」におけるデータセキュリティの社会的重要性を実感する。帰国後、科学技術支援機構の戦略的創造研究促進事業(CREST)研究助手を務めながらプライバシー保護ビッグデータ解析の研究に没頭。2016年大学院在籍中にEAGLYS株式会社を創業。
企業理念である「あらゆるデータを安全に活用できる社会の実現」に向けてAI解析とデータセキュリティ事業を展開し、日夜エンタープライズ企業を中心とした顧客支援と社会実装に奔走している。

HPはこちらから

株式会社Acompany 代表取締役CEO 高橋 亮祐 氏

image

名古屋大学在学中にエンジニアとして活動を始めたことをきっかけに、個人でのwebアプリケーション開発や複数のベンチャーでのインターンを経て、2018年6月に株式会社Acompany創業。これまでに、デジタルキー管理システムの開発、デジタルアセット管理プロジェクトへの参画などの開発実績や総務省・NICT起業家万博を始めとし、複数のビジネスプランコンテンストでの入賞歴あり。セキュアマルチパーティ計算による秘密計算の実用化に注力する。2019年名古屋大学工学部物理工学科卒業。

HPはこちらから

タイムスケジュール


時間 内容 スピーカー
18:00-18:10 開会あいさつ・秘密計算コンソーシアムについて 株式会社Acompany
18:10-18:40 秘密計算PoCの実態・各社の取り組み(秘密計算スタートアップ側) 株式会社デジタルガレージ DG Lab CTO(Security) 竹之内 隆夫氏、EAGLYS株式会社 代表取締役社長 今林広樹氏 株式会社Acompany 代表取締役 高橋 亮祐氏
18:40-18:50 休憩
18:50-19:55 トークセッション 株式会社デジタルガレージ DG Lab CTO(Security) 竹之内 隆夫氏、EAGLYS株式会社 代表取締役社長 今林広樹氏 株式会社Acompany 代表取締役 高橋 亮祐氏
19:55-20:00 閉会あいさつ 株式会社Acompany

参加費

無料