(12/4)キュウリ農家に転身した マイクロソフト出身の元IT技術者が語る、高知農業DXの凄さ

DX

イベント内容

ITコーディネータ沖縄 12月勉強会

■タイトル:キュウリ農家に転身したマイクロソフト出身の元IT技術者が語る、高知農業DXの凄さ

■日付:12月4日(土曜日) ■時間:14時 ~ 16時

■場所:Zoomによる開催

■受講料:無料

講 師:越智 史雄 氏

講師プロフィール:

外資系ソフトウェアベンダーにてデータベースエンジニアやインターネットコンテンツ配信システムのコンサルタントを経て、2002年に日本マイクロソフトに入社。以後、通信およびメディア企業向けのシステムエンジニアチームをリードし、その後は大手企業向けのデータセンター関連のソリューション営業およびエンジニアのチームを統括。2013年にかねてからの構想であった地方移住を実現し、セカンドキャリアとして農業の道に入る。2年間の農業研修の後、胡瓜生産農家として独立。就農5年目にして、所属するJA高知県の品目部会の副部会長として就任するとともに、高知県が推進するNext次世代型施設栽培IoP(Internet of Plants)プロジェクトにおいて生産者としてのアドバイザーを務め、高知大学が運営するIoP共創センター内のIoP農業研究会副会長の任も受け持つ。

セミナー概要:

長らくIT化から取り残されていた農業の世界においても、ここ数年でロボットやAIを用いた「スマート農業」という言葉が取りざたされています。他の産業と違って下手に既存のIT資産が存在していない農業では、他産業と比較してSociety5.0化の動きが早いという面白い現象も現れています。そんな農業DXの変革期をIT技術者の目と農業生産者の両方の目で見ている講師が、農産物の生産過程で有効となるデジタル技術や、現在の日本で最先端と言える高知県の推進するNext次世代型施設栽培IoP(Internet of Plants)の概要を説明します。このセミナーをとおして、特に一次産業のDXやその周辺ビジネスのヒントを得ていただきたいと思います。

【ZOOMのみの開催です】

ZOOMのURLは、イベント当日にconnpassに登録されているメールアドレスへ改めてご案内いたします。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。