DeNA×Ubie×FiNC presents 「とりあえず打った施策」のアンチパターン ~ 一旦はじめてみたけれど、うまくワークしなかった打ち手をぶっちゃけ公開 ~

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
先着順 無料 371人

イベント内容

概要

プロダクトグロース期において導入したアーキテクチャ、ツール、ルールや 施策など
「とりあえず打った施策」はどこのプロダクトチームにもあるのではないでしょうか?

正しい理解、具体的な定義、定期的なチューニングを怠り、導入自体が目的化した
「とりあえず施策」が後々悩みのタネになっているプロダクトも多いはず。

マイクロサービスを導入したのち、不必要なサービス分割が進み、いらないコンポーネントが増えるなど
アーキテクチャの機能不全に陥ったDeNAグループが取り組むリアーキテクチャとは?

「とりあえず施策」を改めて見直し、プロダクト開発に向き合う3社のケースから
うまく行かなかった打ち手をどう見直し、変化していくか。技術負債に陥らないためのtipsに迫っていきます。

※配信URLは、申込者に対し本ページ上にて当日までに表示されます。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:25

FiNCのサービスライフサイクルに応じた施策の振り返り

株式会社 FiNC Technologies 篠塚 史弥
FiNCはサービス運用を始めて2022年で9年目に入ります。 立ち上げ、成長・拡大、安定運用というサービスの局面の変遷に伴い、サービスに要求されることは変わります。その結果ある局面では良いとされた施策も別の局面では悪影響を生むこともあります。例えば、拡大フェーズにおいて疎結合なシステムと組織を作ることは開発速度を上げますが、運用フェーズではサービス複雑化による生産性の低下にも繋がります。 このような事例をいくつか挙げながら、負債とならないためにどういったことを考慮すれば良かったのか、今はどのように対策しているのかを紹介します。皆様のサービスの今後の施策に活かしていただければ幸いです。
19:25〜19:45

ヘルスケアプロダクトでのマイクロサービス構成の失敗と改善の取り組み

DeSCヘルスケア株式会社 伊藤 康太郎
DeSCヘルスケア株式会社 福島 誠大
長らく開発・運営してきたプロダクトの宿命とも言える複雑なシステム構成、高いセキュリティレベルを要求されるヘルスケアサービスならではの技術的な難しさ。これらにどのように向き合ってきたのか、過去の成功事例・失敗事例や現在の取り組みをピックアップし、「リアル」をお届けしたいと思います。
(例)
  • バックエンドアーキテクチャの刷新を断念した理由
  • 継続的なシステム改善を実施するための工夫
  • フロントエンドのフレームワーク刷新
  • マイクロサービス構成での課題
これら事例について、伊藤からは技術責任者・技術系役員の組織的な観点からの取組と学びを、福島からは開発現場での苦労と工夫をお伝えします。
19:45〜20:05

先を見据えたMVPのフロントエンド開発

Ubie株式会社 小谷 優空
MVPとして高速に立ち上げたプロダクトをグロースさせるとき、初期に妥協した部分が技術的負債として開発スピードを鈍化させがちです。 Ubieでも負債が爆発し、生活者向けアプリ「ユビーAI受診相談」のフロントエンドをMVPのものからフルスクラッチで書き直しました。この事例から、書き直しを避けるために初期にやっておくべきだったことや、計画的な負債の貯め方を考えます。
20:05〜20:35 Q&A

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

伊藤 康太郎
DeSCヘルスケア株式会社 取締役 システム部長
株式会社DeNAライフサイエンス 取締役
日本テクトシステムズ株式会社 取締役
2005年東京大学工学部システム創成学科卒。2008年にDeNA入社し、Mobage の開発に携わる。2015年にスタートアップに参画、2018年にDeNA出戻り。AI創薬PM、ライフサイエンス事業部副事業部長を経て、2020年よりヘルスケア事業本部のエンジニア組織責任者と子会社取締役に就任。
福島 誠大
DeSCヘルスケア株式会社
システム部 プラットフォーム開発グループ
グループリーダー
2019年にDeNAへ中途入社。前職から長らくソーシャルゲームのサーバサイドの開発を行いながらエンジニアのマネジメントも行ってきた。 2020年10月にヘルスケア事業部に異動し、現在はヘルスケアアプリkencomの開発エンジニアのマネージャーを務めている。
篠塚 史弥
株式会社 FiNC Technologies
執行役員 CTO
2012年東京大学工学部システム創成学科卒業、2014年東京大学大学院学際情報学府総合分析情報学コース修了。大学院では分散システムを専攻し、総務省との共同プロジェクト「情報流通連携基盤共通API」の研究に関わる。在学中には医薬品関連のスタートアップを二社創業し技術責任者を務め、大学院修了のタイミングでメンバーと共にFiNCにジョイン。FiNCでは第一号エンジニアとしてファーストサービスの立ち上げから現在に至るまでのサービス全般の設計、開発、保守、運用に携わりFiNCの成長を支える。他にもエンジニアチームの採用、教育、マネジメントも行う。2020年4月、CTOに就任。
小谷 優空
Ubie株式会社
ソフトウェアエンジニア
筑波大学情報科学類3年。2019年からインターンとしてUbieに関わり、2020年に入社。月間300万MAUのtoCサービス「ユビーAI受診相談」のリリース初期より企画・開発を担当しつつ、フロントエンドのリアーキテクチャを主導している。

参加対象

  • プロダクト開発/企画に関わる職種の方

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

グループにあなたのことを伝えて、面談の申し込みをしましょう。

株式会社ディー・エヌ・エー【DeNA】

開催グループに関連するコラム

DeNA・Ubie・FiNCが明かす「とりあえず導入した施策」の失敗と対策とは

DeNA・Ubie・FiNCが明かす「とりあえず導入した施策」の失敗と対策とは