博士卒のキャリア論 ~ITエンジニアへのキャリアチェンジ編~ 5月11日(水)18:30開始

イベント内容

参加者に直接ZoomURLをご連絡します。

■講演内容

ビッグデータやAIブーム、そして昨今のDX職とこれまでのスキルでは担えない新たな職種が企業において重要ポストとして採用が多くなりつつあり、年々その需要が高まっています。それらのスキル軸はITスキル! そんな中、大学院研究課程でのプログラミング経験などから、ITエンジニアとしての成長性を見出し採用する企業様も少なくありません。今回はそのようなITエンジニアへのキャリアチェンジの可能性や市場価値などを中心にお話させて頂きます。

今回の講師の方は、在学中にリーマンショック、事業仕分け、震災… 予算が無くなったことでポスドクが立ち消えになり、博士取得直後に月額額面15万円のアルバイト生活を経験。 ベンチャーに中途採用された後、リクルーター、開発部長、大手就職・転職サービスキャリアアドバイサー゙教育担当を経験し、組織づくり・キャリアパスを指南する側となった講師による博士の生存戦略セミナーです。

博士課程という時間と金銭の投資を回収するには何をどう活かすべきなのか。

研究や学術への思いはどう成就させれば良いのか。

今回は、転職時における博士の「専門性」と「汎用性」をもとにITエンジニアへのキャリアチェンジにどう転じるのかを中心に講演いたします。

■講演者プロフィール

久松 剛氏

博士(政策・メディア)。合同会社エンジニアリングマネージメント社長兼「流しのEM」。自身でも副業での経験を機に起業に至る。スタートアップ・ベンチャー・老舗製造業・人材紹介事業といった複数社でのITエンジニア採用・研修・評価給与制度作成・ブランディングといった組織改善コンサル、システムチューニング・DX支援・セミナーなどを担当。2000年より慶應義塾大学村井純教授に師事。動画転送、P2Pなどの基礎研究や受託開発に取り組みつつ大学教員を目指す。その後高学歴ワーキングプアを経て、2012年からベンチャー企業に参画。以後3社に渡ってSRE・リクルーター・情シス部長・開発部部長・人材紹介会社エージェント教育担当・海外開発拠点エンジニアリングマネージャー・組織改善コンサルなどを担当。

■対象

・ITエンジニア職にご興味ある方

・博士号を保持している社会人

・博士課程を修了(中退)経験のある社会人

・現在社会人博士課程に在籍中の方

・社会人博士課程として大学院に入学を検討中の方

※学部・修士卒の方でもご興味ある方は是非ご参加くださいませ。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。