ゆるっとSalesforceトーク #5 LWCテストハンズオン

イベント内容

ゆるっとSalesforceトークとは?

コロナ下で人恋しくなったco-meeting社のエンジニアが交流を求めて開催しているイベントです。
今回はSalesforceネタを軽く紹介し、後半でそれを肴に(してもしなくても)雑談するという構成になっています。

今回のネタ

Lightning Web コンポーネントのテストコードを実装するハンズオンを行います。 https://developer.salesforce.com/tools/vscode/ja/lwc/testing

ざっくりタイムテーブル

前回から16:30開始となっています。お気をつけください。

時間 タイトル 登壇者
16:30 - 16:35 オープニング
16:35 - 17:00 LWCテストハンズオン ハナミズキ
17:00 - 17:25 雑談
17:25 - 17:30 エンディング

開催方法

オンラインにて開催します。使用ツールはZoomとなります。お申し込みいただいた方にURLを共有します。
※アーカイブはありません。

事前準備

その1: 各種ツールをインストールしておく

当ハンズオンをする前に、お使いのPCに、Node.jsSalesforce CLIJDKVSCodeVS Code 向け Salesforce 拡張機能をインストールしておく必要があります。

詳細は以下「VS Code 向け Salesforce 拡張機能のインストール」を参照してください。
Salesforce Developers Japan | VS Code 向け Salesforce 拡張機能のインストール
※VSCodeのターミナル上で以下コマンドを実行できる環境構築の必要があります。

node --version
sfdx --version

その2: Dev Hub が有効になったSalesforce組織を用意しておく

開発用として自由に利用できるSalesforce組織を保持していない場合は、http://developer.salesforce.com/signup にアクセスし、Developer Edition アカウントのサインアップの説明に従ってください。Developer Edition アカウントによって、自由にアクセスできるDeveloper Edition 組織を作成することができます。

Trailheadを活用している人は、Playgroundでも同様に利用可能です。Playgroundを利用する場合は、事前にパスワードをリセットして、ユーザーIDとログインパスワードを把握するように設定してください。

Salesforce 組織のDev Hubを有効にするには以下の手順に従い有効化してください。

  1. 作成したSalesforce 組織 にシステム管理者としてログインします。
  2. [設定] から、[クイック検索] ボックスに「Dev Hub」と入力し、[Dev Hub] を選択します。
  3. Dev Hub を有効にするには、[有効化] をクリックします。 Dev Hub は一度有効化すると、無効化できません。

注意事項

イベント内容が変更になる可能性があります。
出演者および参加者への営業活動など勧誘行為はお控えください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。