【大和ハウスG、日立Gの働き方改革を実現したコンサルタントが製造業の事例を解説】 変化への抵抗を乗り越え改善活動を成功させるための実践方法とは

2022/10/12(水)15:00 〜 16:00 開催
ブックマーク

Being Consultingが次に開催するイベントはこちら

参加枠申込形式参加費 参加者
公開募集
先着順 無料 0人 / 定員30人

イベント内容

■セミナーの詳細はこちらからご確認ください。
【大和ハウスG、日立Gの働き方改革を実現したコンサルタントが製造業の事例を解説】
変化への抵抗を乗り越え改善活動を成功させるための実践方法とは

■こんな方におすすめ
・企業の役員・経営層・部門長・課長など
・「プロジェクトマネジメント改革をしたい」という方(PMO、プロジェクトマネージャーなど)
・TOC/CCPMの実践ポイントを知りたい方
※同業他社の方、研修講師業の方のご参加はお断りさせて頂きます。

■セミナー内容
人は変化に抵抗する!
TOCシンポジウム、論文などで発表されている多数の事例をゲンバでアドバイスしてきたTOCコンサルタントが、いかにして変化への抵抗から改善活動への合意、そして改善活動の成功につなげるかを解説いたします。

今回は特に製造業開発部門における事例をご紹介します。
膨大な残業で改善活動など出来ないというチームにおいて、いかに合意を創り上げ、成果をあげたのか、そのプロセスを解説いたします。

image
■アジェンダ
・変化への抵抗を乗り越える『ザ・ゴール2』TOC思考プロセスとは
・TOC思考プロセスをゲンバで使う8つのステップ
・事例:製造業開発部門における、膨大な残業休出危機からの脱出
(※予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。)

■セミナー講師
株式会社エーラボ 代表 西原氏
(弊社パートナーコンサルタント)

■お勧め情報
・書籍(共著)
TOC/CCPM標準ハンドブック(秀和システム)
image

・論文(共著)
<日科技連SQiP>
マルチタスクが「QCD」を奪う!~日立グループ1000人に広がる働き方改革6ヶ月プログラム~
<ソフトウェアシンポジウム2017>
日立グループにおける働き方改革の「カタ」~マルチタスクに注目した設計・開発の改善プログラム~

新規会員登録

このイベントに申し込むには会員登録が必要です。
アカウント登録済みの方はログインしてください。



※ ソーシャルアカウントで登録するとログインが簡単に行えます。

※ 連携したソーシャルアカウントは、会員登録完了後にいつでも変更できます。

関連するイベント