「社会的なものを組み直す」読書会 第1回

2023/01/11(水)21:00 〜 23:00 開催
ブックマーク

イベント内容

開催概要

ブリュノ・ラトゥールの「社会的なものを組み直す」の読書会の1回です
約半年かけて、「社会的なものを組み直す」の各パートを読んだ感想を共有し合います

今回取り上げるパート

P.7 「序章──連関をたどる務めに立ち帰るには」を読んだ感想を共有します

参加枠について

参加枠

参加者の方と感想を共有したい人はこちら

ラジオ枠

ラジオ感覚で耳だけ参加したい方はこちら 「話すのはちょっと。。。」という方もいるかもしれないので、こちらから話を振ったりはしません 話したくなったときにマイクをONにして話してもらう分には構いません(むしろWelcomeです)

事前準備

  • 書籍を手元に準備する
  • 今回取り上げるパートを読む

※事前に書籍を読破しておく必要はありません。半年かけて少しずつ読み進めるので、積読解消の場としてご活用ください^^

読書会の進め方

  • 最初に軽く自己紹介をします
  • 次に個人ワークでそれぞれ感想・疑問点などをScrapboxというドキュメント管理サービスに記載します
  • それから参加者全員で感想・疑問点を共有し合います
  • そして共有された感想や疑問点について、参加者同士で会話します(22:00頃に休憩を挟みます)
  • 最後に一言ずつ今日の感想・学びを共有して、会を終えます

読書会について

読書会は隔週で開催予定で、各回は以下のパートについて会話する予定です。
※日程は主催者都合、年末年始、GWなどの都合で変更する可能性があります。

開催回 日付 パート ページ数
第1回 1/11(水) 序章──連関をたどる務めに立ち帰るには 37
第2回 1/25(水) 第Ⅰ部 社会的世界をめぐる論争を展開させるには
はじめに──論争を糧にすることを学ぶ
第一の不確定性の発生源──グループではなく、グループ形成だけがある
41
第3回 2/8(水) 第二の不確定性の発生源──行為はアクターを超えてなされる 37
第4回 2/22(水) 第三の不確定性の発生源──モノにもエージェンシーがある 45
第5回 3/8(水) 第四の不確定性の発生源──〈厳然たる事実〉対〈議論を呼ぶ事実〉 66
第6回 3/22(水) 第五の不確定性の発生源──失敗と隣り合わせの報告を書きとめる 39
第7回 4/5(水) アリ/ANTであることの難しさについて──対話形式の幕間劇 41
第8回 4/19(水) 第Ⅱ部 連関をたどり直せるようにする
はじめに──社会的なものをたどることは、なぜ難しいのか?
社会的なものをフラットな状態に保つ方法
27
第9回 5/10(水) 第一の手立て──グローバルなものをローカル化する 35
第10回 5/24(水) 第二の手立て──ローカルなものを分散させ直す 53
第11回 6/7(水) 第三の手立て──複数の場を結びつける 49
第12回 6/21(水) 結章 社会から集合体へ──社会的なものを組み直すことは可能か 31

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

関連するイベント