【初心者向け】JavaScriptでできることとは?勉強方法もあわせて解説!

プログラミング
HTMLやCSSを修得して「さらに技術を身につけたい」と思うとき、JavaScriptを学びたいと考える人も多いでしょう。JavaScriptを身につければ、どういったことができるのでしょうか。この記事ではJavaScriptでできることや作れるもの、さらにはJavaScriptの勉強方法について解説します。
【初心者向け】JavaScriptでできることとは?勉強方法もあわせて解説!

これからさらなる技術を身に付けたいコーダーやプログラミングに興味がある人の中で、JavaScriptを学びたいという人も多いはず。JavaScriptは非常に汎用性も高く、さまざまな点で役立つ便利なプログラミング言語です。

今回は、JavaScriptでできることや作れるもの、さらにはJavaScriptの効果的な勉強方法を解説します。

JavaScriptでできることもさまざま

JavaScriptとは、WebブラウザやWebサイトのやりとりをスムーズにしてくれるプログラミング言語。JavaScriptで何ができるのか気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは、JavaScriptでできることについて解説します。

Webサイトに動きをつける

HTMLやCSSだけでもWebサイトは作れますが、JavaScriptでできることとして、Webサイトに動きをつけられることが挙げられます。

アニメーションをつけたり、クリックしたら文字の色が変わったり、動的にしてユーザーにわかりやすいサイトにできるのがJavaScriptならではの魅力。Webサイトの利便性を上げれば、ビジネスにおいても大きな効果が期待できるでしょう。

ユーザー操作で処理ができる

マウスを乗せたときやクリックしたときにさまざまな動作が追加できる「イベント処理」も、JavaScriptでできることに挙げられます。クリックされたイベントをさまざまな動作と紐付けることで、Webサイトの幅がさらに広がりますよ。

クリックしたら動作するプログラムだけでなく、チェックボックスにチェックが入ったときなどもイベントとして取得できます。そのほか、

  • フォームの送信
  • マウスのドラッグ&ドロップ
  • 画像の読み込み
  • テキストの選択

など、取得できるイベントの種類もさまざまです。

非同期通信ができる

非同期通信も、JavaScriptでできることのひとつ。非同期通信とは、ページを再度読み込むことなく、リアルタイムで更新できる技術のこと。

通常のWebサイトでは、「Google Chrome」などのブラウザからサーバーへ通信を行います。サーバーから処理した結果を受け取ってからWebページが表示されるので、少し待たないとページが表示されないこともあるでしょう。

しかし非同期通信を使えば、サーバーからの応答をいちいち待たなくても処理できるので、表示に時間がかかることもありません。

JavaScriptで作れるものとは

 JavaScriptを身につければ、作れる幅も非常に広がりますよ。ここではJavaScriptで作れるものについて解説します。JavaScriptでどのようなものが作れるか気になる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Webサイト

JavaScriptを使えば、Webサイト上でさまざまな動きが表現できます。簡単なアニメーションだと「CSS3」を使えば表現できる場合もあります。しかし

  • スライドショー
  • 買い物サイトなどにおける料金の試算
  • ボタンによるメニュー等の出し入れ

など、複雑な動作についてはJavaScriptがないと作れません。世の中にあるWebサイトのほとんどでJavaScriptが使われています。

Webアプリ

Webサイトだけでなく、JavaScriptを学べばWebアプリも開発できますよ。「Ruby」「Python」などと一緒に使われることも多いですが、Webページの見た目を担当する「フロントサイド」、サーバーの処理を担当する「サーバーサイト」のどちらでも使われます。

フロントサイトではWebアプリの使いやすさを考慮して、「フォーム送信するときの内容チェック」「タブの切り替え」などにJavaScriptが使われます。

一方サーバーサイドでは、「Node.js」「Meteor.js」などサーバーと通信できるJavaScriptを使用。「サーバーサイドJS」とも呼ばれており、チャット機能や通知機能などを作成します。

ゲーム

上記のWebアプリに近いですが、ルールを設けてゲームが作れるのもJavaScriptならでは。クイズゲームやシューティングゲーム、RPGなど、カテゴリ問わず幅広いオリジナルゲームが作れますよ。

JavaScriptの勉強方法

「JavaScriptを勉強したい」と思っても、どのように勉強すればいいかわからず悩む人もいるでしょう。ここでは、JavaScriptの勉強方法について解説します。

JavaScriptの文法を知る

まずは、JavaScriptの基本的な文法を頭に入れておくことをおすすめします。「四則演算」「条件分岐」「繰り返し処理」など、書き方を覚えて基礎を固めておけば、JavaScriptの修得も速くなりますよ。

JavaScriptを使用して何か作る

ある程度文法を学習したあとは、実践しながら覚えるのが効率的。実際に何かを作ってみることで、修得率もグッとアップします。タブや電卓など、どこがどのように作用しているのか考えながら作ってみましょう。

JavaScriptのライブラリを使ってみる

ある程度JavaScriptに対する基礎が高まったら、さらなる応用を効かすためにライブラリを活用してみましょう。ライブラリとは、汎用性の高いプログラムを使いやすいようまとめたもの。JavaScriptの場合であれば、jQueryを使います。jQueryを使えばより速く実装できるようになり、面倒な手間が省ける可能性も高いです。

まとめ

JavaScriptを活用してプログラミングの幅を広げよう

ここまでJavaScriptでできることや作れるもの、JavaScriptの勉強方法について解説しました。JavaScriptは非常に汎用性が高いので、身につければできる幅が非常に広がりますよ。

「JavaScriptを勉強したいけど何から始めればいいのかわからない」という人は、まずは基本的な文法から覚えて知識を身につけましょう。


TECH PLAYでは、エンジニアの方向けに勉強会・イベント情報を提供しています。
ご興味のある方はぜひご参加ください。


おすすめのコラム