TOP

Play 2.4 ソースコードリーディング

イベント内容

Play 2.3 からの差分を中心に Play 2.4 のソースコードを読みます。

  • Dependency injection out of the box.
  • Testing is easier thanks to better support for mocking.
  • It is now straightforward to embed Play in your application.
  • You can now aggregate reverse routers from multiple projects.
  • More Java 8 integration—Java 8 is now required.
  • Choice of standard project layout.
  • Many new anorm features. Anorm is now its own project!
  • Upgraded to Ebean 4. Play-Ebean is (also) its own project!
  • HikariCP is the default connection pool
  • WS supports Server Name Identification (SNI).
  • Simplified Logback configuration.
  • Play’s bytecode enhancement has been separated out into its own project.

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。