Serverless Framework WorkShop#1

イベント内容

概要

Serverless Frameworkとは

Serverless Frameworkとはサーバーレスアーキテクチャの開発や運用をサポートしてくれるコマンドラインツールで、オープンソースで開発が進められています。デプロイ、ファンクションのローカル実行、アーキテクチャのライフサイクル管理、複数APIの管理など、サーバレスアーキテクチャでの開発に必須となる要素をツールとして提供してくれます。

マルチクラウドプロバイダーサポートを特徴としており、現在はAWSとOpenWhiskとAzureとGCPがサポートされています。

WorkShopでなにをやるのか

今回は、Serverless Frameworkの基本的な使い方から、AWSを使ってLambda+API GatewayやLambda+S3といった構成を実際に手を動かして作ってみようというワークショップです。

これからServerlessを使ってみたい。使ってみたいけど、どうやって使えばよいのかわからない、実際そのメリットがよくわからないという方にオススメのワークショップです。

事前準備

スケジュール

形式 タイトル 持ち時間
開場 09:40
セッション Serverless Frameworkの概要と基礎、それを使った開発手法 10:00 - 10:20
WorkShop Serverless Frameworkをローカルで動かしてみよう 10:30 - 11:30
WorkShop Serverless FrameworkでアーキテクチャをAWSにデプロイしてみよう 11:40 - 12:40

会場

コワーキングスペース茅場町 Co-Edo

参加費用については当日会場にてお支払いください

主催者プロフィール

堀家 隆宏( Twitter / facebook )

株式会社デジタルキューブのエンジニア。Shifterといったサービス開発の傍ら、 Serverless Frameworkチームに所属してGitHub上でFrameworkの開発や改善を行っています

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。