Docker Official Workshop

イベント内容

応募枠増席しました

昨今、Docker/コンテナ技術は急速に普及しており、特に欧米で利用が進んでいます。日本でも一部の先進的ユーザはすでに本番環境でDockerを活用しており、またエンタープライズのユーザも海外の有効な事例を参考にして本番運用に向けた検証を進めている企業も出てきています。 エンタープライズユーザにとっての一番の悩みは、既存の資産(アプリケーション、サービス)をどうトランスフォーメーションしていくのか?ということが多いようです。 今回の講師であるChad Metcalf氏は、Dockerソリューションエンジニアリングチームのディレクターとして多くの案件を実施してきました。 急遽、講師がDavid Yu氏に変更となりました。 彼が経験した欧米でのエンタープライズ事例、MTAアーキテクチャについて解説いたします。 今回、参加者を12名 20名と絞りました。これはより深く詳しく参加者の方々とインタラクティブに情報交換できる場を、というDocker社側の意向によるものです。参加される方々もぜひ積極的に議論に参加していただき、”何か”を持ち帰っていただければと思います。

David Yu氏

ロゴ画像

Docker – Partner Solutions Engineer

BIO: David Yu is a partner solutions engineer at Docker who works with both Strategic and Regional Partners on delivering solutions using Docker Enterprise Edition. He works in San Francisco and joined the company just one year ago. Prior to Docker, he worked at New Relic for 4 years ago and held senior roles in the sales engineering team prior to seeing the company successfully going public in late 2014. He was able to work in multiple different capacities for both sales in multiple segments and business development partners throughout his tenure there.

イベント概要

名称 Docker Official Workshop
日程 2017年07月24日(月)
時間 15:00 - 18:30 (受付開始 14:30)
会場 日本マイクロソフト株式会社 30F 
東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
主催 Docker Inc, 、クリエーションライン株式会社
協賛 日本マイクロソフト株式会社
費用 無償(事前登録、抽選制)
定員 20 名
問い合わせ Mail: info@creationline.com
参加証 抽選の上、7月19日を目処に対象者の方には個別に参加証を送付させて頂きます

プログラム

15:00-15:15 ご挨拶+概要説明

15:15-16:30  Docker概説+α

Dockerを活用した事例情報を共有いたします。

16:30-17:30 MTAアーキテクチャの構築について(レガシーアプリのDocker+クラウド化)

Visual Studio .NET 2003や2002で書かれたアプリを、Docker EEでコンテナ化し、Azure上に移行する手順などを具体的にデモを交えて共有いたします。

17:30-18:30 Retro with beer!

ワークショップの振り返り(Retrospective)を、リラックスした雰囲気(ビールなどを飲みながら)実施します。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント