【長野・松本藩】第7回 Pythonもくもく会

イベント内容

概要

「みんなでPythonを学習しよう!」という勉強会。

わからないことをみんなで教えあったり考えたりすることで、深く学べる場になります。
仲間がいることで「やってやる!」みたいな気持ちになれます。
制限時間があるからこそ集中できますし、シェアしあうからこそ刺激がもらえます。

内容

参加費用:500円
持ち物:PC、書籍など各自の勉強に必要なもの

もくもく会の流れ

  1. 自己紹介
  2. もくもく(歓談や休憩をはさみながら各自のペースで)
  3. シェア(やったこと、学んだこと、できたことなどを発表)

Pythonに関するあれこれを自由にやってください。

  • 書籍を読みながらコードを打つ。
  • Raspberry Piなどの外部機器と連携してみる。
  • フレームワークに手を出してみる。
  • 今抱えている案件を普段とは違う環境で進めてみる。
  • 自分の身近な不便をを解決するためにIoT等を学ぶ。

★「シェア=アウトプット」することが前提のイベントです。「自分なりの目的を持って有意義な3時間にしてほしい」と願っています。プログラミングは自分でやることによって覚えていくものですから。

主催者

Takashi Q. Hanamura(花村 貴史)
元アセンブラエンジニアのフォトグラファー。松本市のコワーキングスペース KNOWERSのときどきスタッフ。

スタッフとして関わっていく中で「松本のグレイトなエンジニア」に出会う。その楽しんでいる様に触発されて再びプログラミングを学びたくなり、もくもく会を主催。OpenCVなど画像的なことに興味あるものの、当面の目標はPythonを使って自分専用のECサイトを作ること。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント

塩尻MLもくもく会 #22

長野県塩尻市大門一番町12-2 市民交流センターえんぱーく 2F 会議室204

17:30 〜22:00

connpass

12月 7 SAT