HULFT OrangeLab. Meeting 2018

イベント内容

スキルアップしながらコミュニティの皆さんと交流を深めませんか?

ロゴ画像

HULFTをキーワードにお集まり頂いた皆様の情報交換・技術交流の場
HULFT OrangeLab. Meeting 2018のご案内です。

HULFTをご利用のお客様でなくとも、興味があればぜひご参加ください!

3月8日(木)に開催する「HULFT OrangeLab. Meeting 2018」のプログラムは大きく2つございます。イベント前半は、ネットワーク系技術ライターの小川あきみち氏と、弊社HULFT技術者による外接をテーマにしたディープな対談を行います。後半は「HULFT IoT」、「HULFT-WebConnect」、「HULFT Script」の3製品を使った技術体験会を実施いたします。

技術体験会は参加者同士でチームを編成いただき、用意された架空の業務課題を解決するシステムを、HULFT Family製品を使って構築する、ハッカソンのようなイベントです。当日ご来場頂いた様々な会社のシステム担当者の方々と協力、交流しながらシステムを完成させることで、業務改善のヒントとなれば幸いです。

体験会は、技術レベルごとにシナリオ分けしており、HULFTに触れたことがない方も、安心して操作いただけるテーマもご準備しております。ご多忙の折とは存じますが、皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

■HULFT OrangeLab. Meeting 2018概要

日時:2018年3月8日(木) 14:30~18:00(開場 14:00)
会場:本社セミナールーム(赤坂インターシティAIR 19F)
東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅地下通路直結
参加費:無料(事前登録制)

■プログラム
第一部 14:30~15:30 小川 あきみち様+HULFT技術者対談

第二部 15:30~18:00 HULFT OrangeLab.技術体験会

昨年の発表資料はこちら

<技術体験会のテーマ>
※テーマ選択は当日会場にてお選びください。
体験会使用製品 シチュエーション
HULFT &
HULFT-WebConnect
A社は取引先とのデータ送受信をHULFTで行っています。この度、HULFT未導入の海外企業の人事部とデータ送受信を行うことになりました。インターネット回線で現行のHULFTを使いデータ送受信を行う場合、どうすれば良いでしょうか?
HULFT &
HULFT Script
あなたはHULFT運用担当です。災害時のディザスタリカバリを想定し、HULFT Scriptを使用した定期的なディレクトリのバックアップを取る必要があります。どのようにバックアップを取るのが理想的でしょうか?
HULFT IoT & RaspberryPi
+カメラ
あなたは自動車工場の生産技術部門担当者です。昨今の状況を受け部品の品質を上げるために、まずは工場ラインの状態の見える化を行うことになりました。機器の稼動ログやラインの様子をカメラで撮影した画像をどのようにサーバに転送、保持しますか?

◎下記の個人情報の取り組み及び、ご利用規約をご確認いただき、それぞれにご同意の上、お申込みください。

■個人情報の取り組み及び、ご利用規約については 当社は個人情報の収集・利用及び提供を厳重な管理のもとで行っております。 個人情報保護法に基づく公表事項

当社は、以下の利用目的で、利用者の個人情報を取得致します。  ・コミュニティの維持管理業務  ・受付関連業務  ・コミュニティの改善・向上  ・利用者へのコミュニティに関する連絡、ご案内

個人情報は厳正な管理のもとで安全に保管し、第三者に提供・開示することはありません。 また、ご記入いただきましたお客様の情報は、弊社および弊社のグループ企業の事業活動の範囲で、 各種ご案内を送付する目的に利用させていただくことがあります。 *当社個人情報の取扱いに関するお問合わせ先はこちら


注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。