TOP

Oracle Dev Tour Japan 2018 in Fukuoka

イベント内容

5/17のOracle Java Day Tokyo 2018にあわせて、米国のJavaユーザを代表する2人の技術者が、今年も日本をバイクで周りながら各地のJUGとともに勉強会を開催します。今年は九州出発、熊本につぐ開催です。

例年どおり、Stephen、Sebastianのセッションは通訳はありませんが、楽しみながらご参加いただける内容です。お気兼ねなく、お気軽にご参加ください!

開催:5月10日(木) 19:00-21:00(開場:18:30)

会場:日本オラクル株式会社西日本支社 九州オフィス セミナールーム

アジェンダ&セッション概要:

JDKリリースモデル変更とJava EEのオープン化/Eclipse Foundationへの移行 <20min>

講師: 伊藤 敬 / 日本オラクル株式会社

昨年9月、Java SE 9とJava EE 8の提供開始と合わせて、今後のJavaの方向性に関わる大きな発表が2つありました。このセッションではその2つの発表 - JDKリリースモデル変更とJava EEのEclipse Foundationへの移行、EE4Jプロジェクトの設立について、その内容をご説明します。

Get ready for a cloud native, service-meshed Java EE <40min>

講師: Sebastian Daschner / Java Champion

Java EE、クラウド・ネイティブとサービス・メッシュ?なんだかしっくりきませんね。 モダンでクラウドネイティブなJavaベースのエンタープライズアプリケーションでスケーラビリティやモニタリング、トレーシング、ルーティングへの不安を払拭することは可能でしょうか? 自らによるそれらの実装なしに?もしそれができたとして、どうやったらできるのでしょう? このセッションでは、モダンでクラウド・ネイティブであり、かつJava EE 8やMicoroprofileを活用したJava EEアプリケーションの構築についてご紹介します。ライブコーディングによってKubernetesとIstioで管理されるアプリケーションのメッシュをご覧いただきます。よく懸念の対象となる、管理やモニタリング、トレーシングなどを無駄のない方法で統合していきます。 どのようにクラウドネイティブ・テクノロジーが従来の我々が利用してきたスタックと統合され、いかにコンテナ・オーケストレーションやサービス・メッシュがJava EEテクノロジーとうまく融合するかをお見せします。全てをライブコーディングと解説とでご覧いただきます。

Decrypting Tech Hype for the Busy Coder(いそがしい開発者のための技術トレンド解説)<40min>

講師: Stephen Chin / Oracle Corporation

新しいテクノロジー・トレンド、開発手法、開発ツールは毎日のように登場しています。もしあなたがそれらを活用しなければ、あなたには[Depricated][レガシー][時代遅れ]などのタグが付与されるでしょう。 このセッションでは、ブロックチェーン、チャットボット、AI、機械学習、CIパイプライン、マイクロサービス、Dockerコンテナ等々の最新トレンドをわかりやすく端的に解説します。 この40分で、あなたはソーシャルニュースに投稿する人たちよりも詳しくなります。ツイートを見て物事を知る、なんていうこともなくなるでしょう。是非ご参加ください!

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/05/10(木)
19:00〜21:00
参加者
29人 / 定員30人
会場
日本オラクル株式会社 九州支社 セミナールーム
福岡市中央区天神1-12-7 福岡ダイヤモンドビル 8F