ソフトウェア開発の掟 〜ゼンアーキテクツ ☓ ギルドワークス〜

イベント内容

ものづくりへのお互いの共通点を語る

ゼンアーキテクツは「先端技術でIT投資を最適化する」ことを目標に活動する「ITアーキテクチャ設計事務所」です。

ギルドワークスは、「正しいものを正しくつくる」をミッションとして掲げ、これまで数多くの、新しい事業やサービス立ち上げのご相談を頂き、仮説検証とプロダクト開発を行ってきました。

それぞれ、歩んでる道は違えど、"ものづくり"の根底にある普遍的な価値観は近いものがあります。

このイベントは両社を代表して岡さん、市谷それぞれに"ものづくり"へのアプローチ、価値観、またそれらを体現した事例などを話し、対話する場となります。

こういうことに関心ありませんか

  • ゼンアーキテクツ、ギルドワークスによるものづくりへのアプローチ、事例を知りたい
  • ものづくりで困っていることがありそれのヒントを得たい

コンテンツ

ゼンアーキテクツ、ギルドワークスそれぞれが、ソフトウェア開発の上でこだわりとして持っていること、譲れないことを中心にお話します。

セッション1:「ゼンアーキテクツの5つの掟」(仮)

<ゼンアーキテクツの5つの掟>
一、オープンでフラットであるべし
一、取り回しは常に軽く
一、共感を信じる
一、Work Together
一、"カッコよくつくろうぜ”

<話し手>岡 大勝

日本DEC、日本HPで金融機関向けシステムのアーキテクトとして活動。日本ラショナルソフトウェアではオブジェクト指向とRUPの現場導入に力を注ぐ。
2003年にゼンアーキテクツを設立し、以来完全独立系のアーキテクトとして活動中。2013年、日経SYSTEMSによる「日本を代表する18人のトップアーキテクト」に選出。
著書・訳書に「本当に使える開発プロセス」「ディシプリンド・アジャイル・デリバリー」等。姫路市出身。

セッション2:「ギルドワークスのこだわりの5つの掟」(仮)

<ギルドワークスのこだわりの5つの掟>
一、Whyがなければ開発しない。
一、ソフトウェア開発を演じる。
一、小さく始める。小ささを貫く。
一、アジャイル・ジャーニー
一、越境

<話し手>市谷 聡啓 ( @papanda )

ギルドワークス株式会社 代表
株式会社エナジャイル 代表
DevLOVE オーガナイザー
サービスや事業についてのアイデア段階の構想から、コンセプトを練り上げていく仮説検証とアジャイル開発の運営について経験が厚い。プログラマーからキャリアをスタートし、SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発の実践を経て、ギルドワークスを立ち上げる。それぞれの局面から得られた実践知で、ソフトウェアの共創に辿り着くべく越境し続けている。著書に「カイゼン・ジャーニー」がある。訳書に「リーン開発の現場」がある。

対談:ゼンアーキテクツ、ギルドワークスに共通するものづくりへのこだわりを語る

ゼンアーキテクツ岡さん、ギルドワークス市谷、両者が持っている”ものづくり”というものへのこだわり、その考え方、大事にしていることなどを対談形式で語ってもらいます。

Q&A

セッション、対談をふまえて参加者の皆さんとのQ&Aを行います。

問い合わせ先

info@guildworks.jp

最低施行人数

10人

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント

ギルドカンファレンス2019

東京都品川区大崎4丁目1−2 ウィン第2五反田ビル 8階 いいオフィス五反田

13:00 〜21:00

Doorkeeper

9月 25 WED

Jenkins Day Japan 2019

東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー ベルサール御成門タワー3階(最寄駅:都営三田線「御成門駅」直上)

12:40 〜18:00

10月 11 FRI