TOP

IoTハンズオン基礎編 : LチカからCloud連携まで

イベント内容

開催概要

  • 日時  : 2018年7月1日(日) 13:30〜17:00
  • 場所  : ギークオフィス恵比寿 (東京都渋谷区恵比寿4-7-6 KTビル3F)
  • 参加費 : 3,000円(当日現金でお支払いください、お釣りの必要のないようにお願いします)
  • 持ち物:ノートPC [Mac (El Capitan以降) あるいは Windows (Windows7 以降)]  (USB端子がtype-cしかない場合は標準サイズが接続できるアダプタもご持参ください)

対象者

ソフトウェアエンジニアがIoTに入門するためのハンズオンです。

  • プログラミングの経験はあるが、IoT機器に触れたことのない人
  • PCへの開発環境のインストールやプログラムの変更ができる人

ハンズオンの内容

Arduinoの開発環境でプログラミングできるIoTボード(ESP WROOM-02)を使って、下記の回路を組み立てながら実習進めます。デジタル入力・出力、アナログ入力、PWM、I2C、クラウド接続という、IoTの基本を半日で体験することができます。

  • Lチカ - デジタル出力
  • ボタン入力 - デジタル入力
  • ボリューム - アナログ入力
  • LEDの明るさを変える - PWM
  • 温度・湿度を測定 - I2Cセンサー
  • 温度・湿度データを送信してグラフ化 - Cloud連携( Ambient を使用)

ハンズオンに必要なIoT機器は主催者から貸し出します。主な機器は下記のとおりです。

  • IoTボード - ESP-WROOM-02 ( スイッチサイエンス ESPr Developer )
  • 温度・湿度センサー - SHT31
  • LED
  • 半固定抵抗
  • スイッチ
  • ブレッドボード
  • ジャンパーケーブル
  • 電源&通信用USBケーブル(micro<->標準)
    [注:標準サイズUSB以外の端子(例えばtype-c)が付いたPCをお使いの方は、標準サイズへのアダプタを持参してください。]

タイムテーブル

時間 内容
13:00-13:30 受付
13:30-14:00 イントロダクション(講義)
IoTの概要と、このハンズオンがカバーする範囲について説明します。
14:00-16:40 ハンズオン(実習)
6つの例題の回路を順番にブレッドボード上に組み、プログラムの動作を確認します。
16:40-17:00 関連トピックス(講義)
時間の許す範囲で下記のような話題に触れます。
・最近話題のIoTボード(M5Stack, NefryBT,obnizなど)
・センサを簡単に接続できるGroveシステム
・電子工作に必要な工具
・センサーの選び方
など

事前準備

PCにArduino IDE(ver. 1.8以降)を事前にインストールしIoTボード ESP-WROOM-02用の設定をしておいてください。ハンズオンに時間を使いたいためです。インストールと設定方法はこちらに記載しています。

注意事項

  • 会場まではJR恵比寿駅東口から徒歩5分ですが少し迷いやすいです。
  • 写真による会場までの道順を参照して気をつけてお越しください。
  • 飲み物など必要であればご持参ください。
  • 会場となるオフィスのドアが開いていない場合は呼び鈴を鳴らしてください。