TOP

【京都】Scala勉強会 6月22日(金)

イベント内容

概要

色々な事例が聞かれるようになってきたScalaですが、今から初めても遅くはありません。

Scala はPlay Framework と言った Web アプリケーションフレームワークだけでなく、 ScalikeJDBCと言ったデータベースアクセス用のフレームワークや Akka、Apache Spark、Apache Kafka と言った大規模な並列分散処理用のフレームワークにも採用されています。 また、本格的な業務向けのアプリケーションだけでなく、個人的に使うツールの開発も簡単にコーディングできたりしちゃいます。

関数型言語と言った側面から、やや小難しい印象を持たれている言語でもありますが、手軽に書ける側面もあります。管理者自身も熟練者への道のりはまだまだですが、『流行に乗り遅れた方』も、『プログラミング初心者』も、既に 『Scala 熟練者』の方も、一緒に京都 & 滋賀 から Scala界隈を盛り上げませんか?

開催情報

日時:2018年6月22日(金)20時-21時30分 (19時45分から入場可能)

場所明覺寺会議室(めいかくじ かいぎしつ)

参加費:500円(会場レンタル代) WiFiは利用可能(予定)です。

途中参加&途中退場も大歓迎です。 既に始まってしまっていて、遅れて参加される方もお気軽にお入りください。

内容

(注)6月12日に滋賀県でも、ほぼ同内容の開催予定となります。

初開催となりますので、Scalaをまったく知らない方向けの発表をしたいと思います。発表後は簡単な雑談後、初心者がつまづきやすい開発環境や sbtの話をしたいと思います。 最後は、次回以降も開催を続けたいと思いますので、今後の勉強会内容の相談です。

時間 内容 発表者
19:45-20:00 設営準備 主催者&有志
20:00-20:15 自己紹介 全員
20:15-21:00 Scala紹介 & 質疑応答 @matsutoom
21:05-21:30 開発環境 & sbt の相談会 各自持ち寄り
21:30-21:40 次回以降の相談 全員
21:40- 片付け -

本会場の利用初めてですので、余裕を持って進行させて頂きたいと思います。

皆さんのご協力をよろしくお願いいたします!

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。