TOP

Alexaスキルアワード公式ハッカソン金沢・白山麗 ※宿泊施設付き(別途実費)

イベント内容

Alexaスキルアワード2018の公式ハッカソン!!

Amazonでは多くのユーザーにとってさらに魅力的なスキルが提供され、Alexaを通じテクノロジーと人がもっとつながりあう未来が来る事を期待し、Alexaスキルアワード2018を開催することとなりました。
※開催期間:6/13(水)〜8/27(月)
今回のハッカソンはチームビルディングやアイデアソンから始まり、2日間でスキル開発完了を目指します。
2日目の最後には懇親会と参加者全員によるスキル体験会を通して、Alexaスキルの開発者同士の交流の場を設けたいと思います。

Alexaのスキルを開発して、Alexaスキルアワード2018にエントリーしよう!

「Alexaスキル」は世界では4万以上、日本では700以上のスキル(2018年5月末時点)が開発されており、スキルの数は日々増え続けています。
本ハッカソンで魅力あるAlexaスキルの開発にチャレンジし、完成したスキルをAlexaスキルアワードに応募してみませんか。

テーマ:SDGs都市白山市の課題をAlexaで解決しよう!

SDGs未来都市に認定された白山市
SDGs未来都市が抱える子育て世代や子供達の課題を、Alexaを活用することで解決を目指します。
※Alexa Skills Kitの使用は必須とさせて頂きます。

課題の提供:

白山市の課題
白山市は、平成 17 年2月1日に1市2町5村が広域合併して誕生した自治体で、県内最大の面積を有しています。
県都金沢市に隣接し、日本三名山の一つ白山から日本海まで、そしてそれをつなぐ一級河川手取川流域に広がる扇状地を含む広大な市域は豊富な自然と美しい景観に恵まれており、かつ、地域ごとに独特の伝統文化や生活様式が色濃く残されています。
 平成17年の合併以後、平野部の人口は増加傾向にあるものの、山間部では2割以上の人口減(平成30年2月現在5,835人)となっています。また、平野部と山間部では、年少人口割合が平野部で14.7%、山間部で8.5%、老年人口割合が平野部で25.6%、山間部で46.7%(平成27年国勢調査)となっており、地域間の格差はどんどん広がっています。
かつては、山間部のみならず平野部を含む白山周辺一帯で、白山の水の恵みを受けて生活する多くの人が「白山の水をいただく」という感覚で山を仰いでは感謝の祈りを捧げてきた時代がありました。
しかし、現在では高度成長期と共に目まぐるしい経済成長を遂げたことにより、人々の価値観が「経済」に偏りすぎる中で、人々は里山地域から平野部の都市部へと次々移行し、人口が減った里山地域では、新たに森林の管理不足による鳥獣被害や山の崩落による濁水被害など、平野部での市民生活にまで影響を及ぼす状況をもたらしています。

白山市里山地域が目指すあるべき姿の一つ
 子供から大人まで全ての市民が、山間部の白山ろく地域が抱える社会課題解決をミッションとして持ち、白山ろく地域の方々すべてに対してSDGs教育が展開され、自らが主体的に学び実験を繰り返す文化が醸成されているSDGsイノベーション教育先端未来都市の実現を目指します。
 これを基盤に、子育て環境の充実と働き方改革を両立する「里山ボーディングスクールシステム」の導入を目指します。このスクールシステムは、都会や平野部における共働きを推進すると共に「山間部における子供向けの教育先進エリアでの充実した学習機会の提供」の両立を図るものです。
 平日は家族がそれぞれの生活拠点で学び・働き、週末や長期休業期間は家族が一体となって過ごすといった、里山地域全体で子供たちの成長を支援し、子育て等で社会への参画が困難であった女性の社会進出や、経済を牽引する都市部の生産性向上に取り組む、里山都市と経済都市が連動したエコシステムの実現を目指します。

※上記課題の詳細インプットを当日は金沢工業大学様より行って頂きます。


こんな人に来て欲しい!!

Alexaスキル開発 に興味がある方。 
スキル開発を一緒に行う仲間を集めたい方。
スキル開発をしてアワードにエントリーしてみたい方。
何か週末作業しようと思っていた方。
ハッカソン好きな方。
SDGsや課題解決に興味がある方。
みなさん集まってモノづくりしましょう!
その場で思いついたアイデアを形にするのもよし、テクニカルサポートで来てくれてる人から技術を習得するもよし、単にものづくりを楽しむもよし、想いは人それぞれ。ぜひハッカソンを通して何かを形にしてみてください。

ハッカソンとは

Hack」と「Marathon」をあわせた造語で、短期/集中的に共同作業でソフトウェアを開発する、技術とアイデアを競い合うイベントです。
『クリエイティビティ』を刺激をする場として、開発の楽しみを知る場として、ご参加をいただけると幸いです。

東京ハッカソンでは「絵描き歌」や「Alexaが輪唱」など、 名古屋ハッカソンでは「ママの声がするAlexa」や「エアースイカ割り」など、VUI特有のアイデアに富んだスキルが開発されました。
ハッカソンの楽しい雰囲気は、ロボスタさんのレポートを参照ください。 画像


ハッカソンでの審査

本ハッカソンでは審査を行いません。


テクニカルサポート企業

Twilio (株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ)
Twilio(トゥイリオ)は、コミュニケーションの未来を切り拓くためのツールです。音声通話、メッセージング(SMS、チャットなど)、ビデオなどの様々なコミュニケーション手段を、アプリケーションやビジネスへ容易に組み込むことを可能にします。創業当初からのAPI提供のほか、ドラッグ&ドロップでオムニチャネルを実現できる顧客エンゲージメント・クラウドとして日々進化し続けています。

kintone(サイボウズ株式会社)
kintoneはサイボウズ株式会社が運営するクラウド基盤「cybozu.com」上で提供されています。ドラッグ&ドロップでデータベースを設計できるので、プログラム経験がない方でも「あっ!」という間にWebアプリケーションを作成できます。
開発者のためのサイトではJavaScriptやREST APIによるカスタマイズの仕様やサンプルを多数掲載しています。
無償の開発者用ライセンスもお申し込みいただけます。

持ち物と準備

  • ご自分のAmazon Echoがある方は持ってきて下さい。

  • 会場のWi-Fi接続数に限りがございます。ご自身でWi-Fi環境などをお持ちの方はご準備を頂けますようお願いいたします。

  • Amazon Alexa スキルの開発者アカウント
    Alexaスキル開発はAmazon開発者ポータルで行いますので、こちらから事前にアカウント作成をお願いいたします。登録は無料です。※アカウント開設の際には、こちらの点にご注意ください。

  • AWSアカウント
    開発にご使用になられる方は、事前にAWSの無料アカウントを作成ください。作成方法はこちら

  • kintone開発者ライセンス
    無償の開発者用ライセンスをお申し込みいただけます。作成方法はこちら

宿泊について

当日は金沢工業大学様より宿泊施設の提供をいただく事が可能です。(任意) 希望される方は申込時のアンケートに記載の上、実費 3,800円(税別)をご用意の上、当日直接お支払いを頂けますようお願いいたします。


タイムテーブル

1日目

time contents
10:30 開場
11:00 アイスブレイク、テクニカルインプット
12:00 課題インプット・課題調査
12:30 ソリューション議論・チームビルディング
13:00 ランチ+チームアイデアソン
14:30 ソリューション発表・ハッカソン開始
19:00 中間発表、夕食
20:00 1日目終了


※宿泊される方は継続開発

2日目

time contents
9:30 開場
10:00 作品情報入力
ハッキングタイム
12:00 ランチ
14:30 作業終了
15:00 各作品プレゼン(市民による見学)
16:00 タッチ&トライ
18:00 終了


※初日、二日目の昼、初日の夕食はお食事をご用意致します。



当日の注意

  • connpassの6桁の受付番号を準備下さい。
  • 内容は変更になる場合があります。
  • 当日名刺1枚を会場受付へお持ちください。名刺をお持ちでない方は、お名前とメールをフォームにご記入いただきます。また、ハッカソン中にベンダーIDを確認させていただきますので、事前に開発者ポータルにてアカウントをご登録いただき、こちらからIDをご確認ください。
  • 本イベントにおいて、Amazonは広告、宣伝及び広報等の目的で貴殿を含む参加者の写真を撮影させていただくことがあります。撮影に同意いただいた場合、貴殿は、写真に表示された貴殿の画像を当該目的のためにオンライン又はオフラインのメディアで表示する資料として使用することを、アマゾンジャパン合同会社及びその関連会社に対して承認したものといたします。また、本イベントはメディアによる取材が入る可能性がありまます。あらかじめご了承ください。

以上をご了解の上、お申し込みください。

当日のファシリテーター

  • 伴野智樹(一般社団法人MA理事)
  • 日本最大級のアプリ開発コンテスト「Mashup Awards」を、2016年まで5年間事務局長として統括。毎年数々のアイデアソン、ハッカソンなどのイベント運営を行い、テクノロジードリブンのオープンイノベーション活動・共創活動を支援している。

Amazon Alexa スキルアワード 2018、Amazon、Amazon .co.jp 、Amazon AlexaおよびそれらのロゴはAmazon. com, Inc.またはその関連会社の商標です。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。