Cloud Native Computing Fukuoka, July 2018

イベント内容

Cloud Native Computing Fukuoka, July 2018

開催日時

2018年7月26日(木) 19時~21時

イベント内容

最近、旧来の手法で作られたアプリケーションではなくクラウド環境やコンテナ環境を前提に作成されたアプリケーションやインフラ環境が増えてきました。 このようなクラウドやコンテナを前提に設計されたシステム・サービスは「Cloud Native( =クラウド ネイティブ)」と呼ばれ、最近、よく聞かれるようになってきました。

しかし、実際にこの「クラウド ネイティブ」については、どのような物でどのような考え方で進めていけば良いか、まだわからない部分もあります。今回の「Cloud Native Computing Fukuoka」では、東京に先駆けて「クラウドネイティブ」の説明や、クラウドネイティブを語る上で参考になるキーワードを紹介します。これらを通じて、皆様と一緒に「クラウドネイティブ」を考えていきたいと思っております。

また、懇親会では「クラウド ネイティブ」に関するLTや発表を募集いたします。こちらで「クラウドネイティブ」に関する発表をされたい方は「LT・発表枠」にご登録ください。1人の発表時間は5~20分ぐらいを目安としております。

講演内容

クラウドネイティブとは?(仮) [発表者:前佛雅人] 30分

  • 従来のアプリケーションや開発手法と「クラウドネイティブ」とは何が違うのでしょうか? 従来のものと比較しながら「クラウドネイティブ」の全体について説明をしたいと思います。

クラウドネイティブ時代のキーワード(仮) [発表者:横田真俊] 30分

  • クラウドネイティブでは、従来のオンプレミスや仮想化では出てこなかった、様々な技術やキーワードが出てきます。クラウドネイティブ時代に重要になりそうなキーワードについて紹介いたします。

  • 終了後、同会場にて懇親会を予定しております。ぜひこちらもご参加ください。

懇親会発表枠

  • 懇親会で発表される方は「講演者枠」に登録してください。1人の発表時間は5~20分ぐらいを目安としております。

タイムテーブル

時間
18時30分 開場
19時00分 オープニングトーク
19時10分 クラウドネイティブとは?(仮) [発表者:前佛雅人]
19時40分 休憩
19時50分 クラウドネイティブ時代のキーワード(仮) [発表者:横田真俊]
20時20分 懇親会+応募者によるクラウドネイティブに関する発表 開始
21時30分 終了

持ち物

  • 名刺を1枚お持ち下さい。
  • ※Wi-Fiの提供ございます。電源のご用意もございますが数が少なくなっておりますので、皆様譲り合ってご利用ください。

アクセスについて

  • 〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1-12−15 読売福岡ビル 7F
    • 福岡市地下鉄空港線「赤坂駅」出口2より徒歩1分

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント