TOP

Javaアップデートセミナー@福岡

イベント内容

概要

JDKのリリースモデル変更やJava EEのJakarta EEへの移行など、Javaは大きな変革期を迎えています。今回はその変革の一翼を担うJCP(Java Community Process)に所属する浜本さんに、これからのJCPの役割について紹介いただきます。また、JDKのリリースモデル変更についても改めてご説明させていただきます。今後のJDKの利用をどうかんがえるべきか、その判断材料としていただければ幸いです。

  • 会場:日本オラクル株式会社 九州支社
  • 日付:2018/7/19(木)
  • 開場:18:30
  • 開始:19:00

タイムテーブル

時刻 タイトル 発表者
18:30 開場
19:00 JCPに参加してみよう Naoko Hamamoto
19:45 新しいJDKリリースモデル解説 伊藤 敬
20:30 Java新機能観察日記 きしだ なおき

session1 「JCPに参加してみよう」 Naoko Hamamoto (JCP Office / Oracle Corporation)

Java Community Process(JCP)をご存知ですか? JCPとは何か、どのような活動をしているのか、どのように参加出来るのか、そして参加することによってどのようなメリットがあるのか、などをご説明いたします。 また、Javaを取り巻く環境が変わる中、これからのJCPのミッションについてもご説明いたします。

セッション時間:45分

session 2 「新しいJDKリリースモデル解説」 伊藤 敬 (日本オラクル株式会社)

今年9月、JDK 11がリリースされます。このリリースからOpenJDKとOracle JDKは異なる用途の提供として、無償・有償、6ヶ月毎・3年毎のリリースとなります。このセッションではJDKは今後も無償版が提供されること、それはどんなものか、有償版はどんなものになるのかなど解説します。

セッション時間:45分

session 3 「Java新機能観察日記」 きしだ なおき(LINE Fukuoka)

9月にリリース予定のJava 11もRampdownフェーズに入り機能がほぼ凍結されました。新しく入る大きな機能はJEPとしてまとめられていますが、小さな変更はどこにもまとめられていません。 今回、Java 11でのAPIの変更について可能な限りまとめましたが、どのようにして変更点を把握してまとめたのか、そもそもJEPってなんだろうというようなことをお話しします。

セッション時間:30分

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。