TOP

「現場で役立つシステム設計の原則」を読む会(第2回)

イベント内容

「現場で役立つシステム設計の原則~変更を楽で安全にするオブジェクト指向の実践技法」(増田亨 著、技術評論社刊)の読書会(第2回)を開催します。 Java読書会BOFは、参加者が順番で本を声に出して朗読し、随時議論をしながら読み進めていくスタイルです。書籍さえ持参頂ければ前回参加しなくてもまったく問題ありません。開催時間の途中からの参加/退出もOKです。お昼はみんなで一緒に近くの定食屋さんで食べにいくのでぼっちめしの心配は不要です。

第2回は、第4章「ドメインモデルの考え方で設計する」のp.102「なぜドメインモデルだと複雑な業務ロジックを整理しやすいのか」から読み始め、第5章「アプリケーション機能を組み立てる」、第6章「データベースの設計とドメインオブジェクト」の途中、「データベース設計をすっきりさせる」節の終わり(p.181)まで、およそ80ページ弱を読み進む予定です。

開催案内、参加の申し込み、過去の読書会開催の議事録、およびJava読書会BOFの活動については、Java読書会BOF公式サイト(次のURL)をご参照ください。 http://www.javareading.com/bof/

今後の予定(会場確保分)

  • 「現場で役立つシステム設計の原則」を読む会(第3回) 10月27日(土)
  • 「現場で役立つシステム設計の原則」を読む会(第4回) 11月24日(土)
  • 「未定」12月22日(土)

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。