FPGA勉強会 画像処理編

イベント内容

FPGA勉強会 画像処理編

FPGAを使うことによって、画像処理がリアルタイムでできます。

気軽にできる、リアルタイム画像処理のすばらしさを体験しませんか?

トランジスタ技術 2018年11月号 応援企画です。

http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/120/Default.aspx

内容

FPGAで画像処理はなぜ人気?

新FPGAでの画像処理の流れ

FPGAで、画像処理システムの組み立て、動作確認

画像処理システムをカスタマイズしてみる。

参加条件

XILINX社のVIVADO、IPIを使えること。

FPGA勉強会 体験編の参加者で、演習2が自力でできる方は大丈夫です。

持ち物

Vivado(2018.2 or 2018.3)をインストールしたパソコン

 ※希望者がいれば、午前中フォローセミナーを行いますのでコメント欄へフォロー希望とお書きください。   ※フォローセミナーが必要な方はAM10:30までに北加賀屋コーポ1Fへご来場ください。

ZYBO Z7-20

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-12553/

(現在、貸出枠は検討中です。)

マイクロUSBケーブル (A-マイクロB)

マイクロSDカード(4GB~32GB)

画像処理したいお好きな写真、絵をファイルでお持ちください。(任意)

カメラ(任意)

PCAM5C  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-12993/

または、HDMIカメラ

HDMIモニター(任意)

カメラとHDMIモニターは使いまわしで、皆さんで使いたいと思います。

今回は、初めて画像処理のセミナーになるので、テストケースとして、行います。

そのため、十分にフォローができないかもしれませんが、ご了承ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。