第1回AI4SEセミナー

イベント内容

セミナーの目的

AI4SEセミナーは、AIのソフトウェアエンジニアリングへの応用について学び議論する場です。

セミナーの内容

最近Facebookが自動テスト生成ツールSapienz・自動プログラム修正ツールSapFixを発表し,話題になりました.また深層学習モデルに対する自動テスト生成ツールDeepXploreなども,機械学習モデルのためのテスト研究のさきがけとなった取り組みとしてよく知られています.第1回はAIを活用したテスト・デバッグ技術を中心に、チュートリアル,3人の専門家によるプレゼンテーション、一般参加者のライトニングトークおよび討議を行います。

プログラム

チュートリアル(石川冬樹、国立情報学研究所)

本チュートリアルでは,AIを活用したテスト・デバッグ技術として,Falsification(反例探索),Search-based Testing/Search-based Software Engineering,Automated Repair(自動修正)の技術の基礎とその動向を概観します.

バグ自動修正ツールって本当に使えるの? ~自動デバッグ技術の現状と課題~ (徳本晋、富士通研究所)

弊社で取り組んでいる機械学習を用いた自動デバッグ技術を紹介するとともに、現状のバグ自動修正ツールはどのようなバグが修正できて、今後どのような方向に進んでいくかについてお話しします。

自動(運転)車システムのためのAI的自動テスト生成(石川冬樹、国立情報学研究所)

制御系(MATLAB/Simulinkモデル)や,機械学習を用いた物体識別や進路判断の機能など,自動車システムに対するAI的自動テスト生成の研究動向と,我々のプロジェクトでの取り組みについて紹介します.

深層強化学習による制御系の検証の試み(山形賴之、産総研)

碁やアーケードゲームで人間を超える能力を発揮し、またロボットなどに応用が広がる深層強化学習が注目を集めています。この 深層強化学習を用いて、制御系(MATLAB/Simulinkモデル)が与えられた仕様の通り振る舞わない実行パスを探索する(反例探索・Falsification)試みについて報告します。

ライトニングトーク(4講演・各5分)

タイムテーブル

時刻 プログラム 発表者
18:00 -- 18:30 オープニングおよびチュートリアル 石川冬樹、国立情報学研究所
18:30 -- 19:00 バグ自動修正ツールって本当に使えるの? 徳本晋、 富士通研
19:10 -- 19:40 自動(運転)車システムのためのAI的自動テスト生成 石川冬樹、国立情報学研究所
19:40 -- 20:10 深層強化学習による制御系の検証の試み 山形賴之、産総研
20:10 -- 20:30 ライトニングトーク ライトニングトーク発表者
20:30 -- 21:00 交流会 全員

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント