if-up 2019 〜コネクテッドなプロダクトづくりを体感する1Dayカンファレンス〜

if-up 2019 〜コネクテッドなプロダクトづくりを体感する1Dayカンファレンス〜

参加枠申込種別参加費定員
参加チケット
先着順 無料 54人 / 定員100人

イベント内容

★事前のお申込み登録は終了しました 

当日受付もしておりますので、以降は直接会場にお越しください。 その際お名刺2枚を受付にていただきます。

イベント詳細

家電や車などのハードウェアがインターネットにつながり新サービスを提供し、インターネットサービスの企業が住宅や店舗などの物理世界に進出する、ハードウェアとインターネットが融合する「新しいプロダクト」が増えてきています。

if-up 2019は、今動き出す「コネクテッドなプロダクト」をテーマにしたカンファレンスです。

ゲストスピーカーとして、GrooveX、アストロスケール、パナソニック、メルカリ、ナイアンティックなど、世界に挑むプロダクトを創り出すスピーカーにお話を伺います。

これからのプロダクトづくりに必要な、ユーザー体験のデザイン、クラウド連携、ハードウェアのアジャイル開発、アジリティの高いチームづくり、そしてこれを顧客に届けたいというパッション。

プロダクトづくりに関わる方、プロダクトマネージャー、プロダクト企画者、技術責任者やエンジニアの方ぜひご参加ください。

セッションの一部のご紹介

★キーノート

なぜ、新しいプロダクトづくりに挑戦するのか?

IoT通信プラットフォームSORACOM最新動向

<ゲスト>

林 要 氏 / GROOVE X 株式会社 代表取締役

伊藤 美樹 氏 / 株式会社アストロスケール 代表取締役社長

玉川 憲 / 株式会社ソラコム 代表取締役社長

安川 健太 / 株式会社ソラコム CTO

トラックA

【13:00-14:00】プロダクトxテクノロジーxイノベーション

家電メーカーとしていち早く家電プラットフォームHomeXを打ち出すパナソニック、フリマアプリ流通額が1兆円を超えR&Dの設立など技術部門を強化するメルカリ、IngressやポケモンGOなど位置情報を活用したユーザーに新たな体験を提供するゲームを提供するNianticをお迎えし、これからのプロダクトづくりについて伺います。

<ゲスト>

馬場 渉 氏 / パナソニック株式会社 イノベーション本部長

濱田 優貴 氏 / 株式会社メルカリ 取締役 CPO

川島 優志 氏 / Niantic, Inc. アジア統括本部長 

玉川 憲 / 株式会社ソラコム 代表取締役社長

【14:20-15:10】 クラウドにつながり始めたハードウェア

クラウドにつながるスマートスピーカーについてAlexa、Amazon Echo の仕組みとエコシステム、そして昨年末、ラスベガスで行われたAWS Re:invent で発表されたラジコンカーDeep racer を用いた強化学習について伺います。

<ゲスト>

北迫 清訓 氏 / アマゾンジャパン合同会社

岡嵜 禎 氏 / アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 

【15:30-16:30】ハードウェアプロダクトをどう作るか

クラウドファウンディング1億円達成の折りたたみ電動バイクglafit、累計20万台出荷のAI翻訳機POCKETALKを手がけるソースネクスト、配車アプリからタクシーの決済や無線端末まで手がけるJapanTaxiに、顧客が本当にほしいハードウェアの開発秘話を伺います。

<ゲスト>

鳴海 禎造 氏 / glafit 株式会社 代表取締役 CEO

川竹 一 氏 / ソースネクスト株式会社 技術戦略室 執行役員

岩田 和宏 氏 / JapanTaxi株式会社/株式会社IRIS 取締役CTO

【16:45-17:45】進化し続けるプロダクトを作るための開発チーム

これからのプロダクトづくりは、インターネットサービス開発と同様のスピードとアジリティが求められます。開発手法としての「マイクロサービス」実践についてcookpad、freee、ソラコムから紹介、デンソーなどメーカーのプロダクト開発のアドバイザーも務める及川氏をモデレーターに迎え、これからのチーム作りについて伺います。

<ゲスト>

及川 卓也 氏 / 株式会社tably

成田 一生 氏 /クックパッド株式会社 執行役 CTO

横路 隆 氏 / freee株式会社 共同創業者 CTO

安川 健太 /株式会社ソラコム CTO

★トラックB:最新テクノロジー活用

今までテクノロジーが届いていなかった分野にテクノロジーが届き、世の中を変えつつあります。先端テクノロジーを「使いやすく」する取り組み、技術動向、今後についてその業界の先駆者からご紹介いただきます。

セッションテーマ:

  • Maas/自動運転(ゲスト:WHILL)
  • ドローン(ゲスト:ACSL)
  • ロボットアーム(ゲスト:リンクウィズ)
  • スマートファクトリー(ゲスト:i smart technologies)
  • 中距離・長距離通信(ソラコム)

★トラックC:コネクテッドテクノロジー実装TIPS

実際に活用の始まるconnectedテクノロジーの利用について、SORACOMを利用した具体的な実装TIPSを紹介します。またioT実践企業に事例をベースにその導入プロセスを伺います。

セッションテーマ:

  • つながるカメラ
  • 既存の機器のIoT化 (ゲスト:富士山の銘水 IoTウォーターサーバー)
  • デバイスのクラウド活用(ゲスト:ソニー aibo)
  • ハードウェア量産プロセス

【タイムテーブル】https://if-up2019.soracom.jp/timetable/

★展示スペース

  • つながる製品・サービス
  • プロトタイプデバイス

注意事項

本ページはTECH PLAY 用の申込みページです。
詳細は https://if-up2019.soracom.jp/
本イベントは終了しました