イベント内容

今回のテーマ:SPARQLハンズオン

今回はハンズオンですよ、ハンズオン!
im@sparqlを題材に、SPARQLの使い方を学んでいきます。
初めてのクエリから、リンクし合うデータを一度に取得するクエリまでを段階的に学びます。
題材としてTHE iDOLM@STERシリーズを利用しますが、詳しくない方でもOK!
SPARQL Readyな技術者を一緒に目指しましょう!

4月後半の休日にアイマスハッカソン2019 in 名古屋を予定しています。

SPARQLとは

オープンデータの中でも最高位の、5つ星オープンデータであるLOD(Linked Open Data)に問い合わせが可能なクエリ言語です。Web界の標準化団体"W3C"に2008年に勧告されました。

im@sparqlとは

THE iDOLM@STERシリーズの各種情報をまとめたLODを持つ、データベースです。SPARQLに対応しており、クエリを送信することで、様々な情報を取り出すことができます。

参考

主催団体:IM@Studyについて

アイドルを愛でる、アイマスにContributeする

アイマスの二次創作界隈において、歌姫庭園とかミリフェスとかミリオンリーとかニコ動とかTwitterとかいろいろあるけれど、エンジニアを主な対象とした時にこれという機会がありません。

私たちはみんなアイドルをプロデュースしています。 そして、コードの力によって技術の面からContributeすることができます。 この二つの側面を組み合わせて面白いこと、してみませんか。

4/21にはアイマスハッカソン2019 in 名古屋も開催されます。
ご都合がつく方はぜひどうぞ!

共催

Code for AICHI

Code for AICHIは市民の課題を考え、テクノロジーで解決することをめざした団体です。LOD(Linked Open Data)や教育、防災、高齢福祉などの分野の課題に取り組んできました。

参加に制限はありません。解決したい課題がある、テクノロジーを学びたい、楽しいことがしたい、ネットワークを広げたい、もっと成長したいなど、動機は何でも大丈夫です。

今回は、IM@Studyの方々とSPARQLハンズオンをいたします。いっしょに面白そうなことしてみましょう。

開催日時

04/10(水) 19:00~21:00(予定)

内容

  1. なにかクエリ打つ
  2. アイドル名を取得する
  3. アイドルのプロフィールを一部取得する
  4. ユニット名とメンバーのURIを取得する
  5. ユニット名とメンバー名を取得する
  6. [余裕あれば]可視化

開催場所

名古屋工業大学附属図書館 新講堂2階ラーニング・コモンズ
正門を入ってすぐ右に見える「NITech Hall」という建物です。
https://www.nitech.ac.jp/access/campusmap.html もご覧ください(マップ右下側にあります)。

留意事項

  • ハンズオンですので、ご自分のノートPCをご用意ください
  • ブラウザがあればim@sparqlは利用できます

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント