AIビジネスクリエーションワークショップ@大阪

イベント内容

Deep Learning Lab(DLLAB)について

Deep Learning Labとは、Chainerを提供するPreferred Networksと、Azureクラウドを提供するMicrosoft による、深層学習に関する「最新技術をビジネスで活用している事例」や「最新の技術動向」を共有することで、深層学習技術者の裾野を広げ、実社会での利用拡大を図ることを目的としたコミュニティです。

コミュニティご紹介資料はこちらです。

株式会社アイデミーについて

・「AIを始めとする先端技術と産業領域の融合に取り組む人と組織を支援する」をミッションとする東大発ベンチャー。 主力サービス「Aidemy」は、ユーザー数3.5万人以上、演習回数は200万回以上の日本最大級のAI研修サービス。 教育・研修を切り口に、要件定義・試作品(PoC)の開発支援など、AIプロジェクト成功に必要なソリューションをワンパッケージで提供、AIに強い組織づくりを支援。

・代表の書籍『人工知能プログラミングのための数学がわかる本』は松尾豊教授が推薦し、ディープラーニング協会のG検定合格者がおすすめする書籍で「第2位」にランクイン。

・三菱重工、ダイキン工業、旭化成、三井住友銀行など50社以上の法人導入実績あり。日本マイクロソフト、電通などの講師講座も好評。

コンテンツ

「AIを使って新規事業の立案」を任命されたものの、どんな課題を解決するのか検討がつかない。 そんな方を対象に、今回は「機械学習で解くべき課題の特定」というテーマで、 「PoCに進む前段階」で受けて欲しいアイディア創造ワークショップを行います。

このワークショップは、大手製造業の方を対象に受講して頂いている「Aidemy BizDev Intensive Plan」の短縮版です。 今回は、「製造業」の業務課題に即したサンプルの事例をシェアしながら、ワークショップを進めていきますので、そのため、製造業で現場の課題に触れている方に特におすすめです。 リテール・金融などの現場で、AI/MLを使ったビジネス創造に関わる方も受講いただけます。

このワークショップでは、Aidemyのフレームワーク「ML Business Canvas」を用いながら、課題の掘り下げ、「機械学習で解いたほうが良い課題」なのか、もしくは「本当に機械学習で解けそうな課題」なのか考えます。

これからPoC(試作品)に取り組もうと思っている方、実運用を前提にした機械学習ビジネスを立案したい方、いろいろなソリューションベンダーさんから提案をもらっている事業会社の担当者に特におすすめの講座です。

対象者

  1. 製造業の事業部にお勤めの方
  2. リテール・金融などで事業課題に接する方

※今回は業務課題のブレインストーミングするワークショップを行います。 そのため、ソリューションベンダーさんは参加をご遠慮ください。

タイムライン(3時間)

  1. ワークショップの概要紹介(10分)
  2. 機械学習における投資対効果ワークショップ(55分)
  3. 機械学習で解くべき課題の特定ワークショップ(30分)
  4. 機械学習の実運用の想定ワークショップ(30分)
  5. 機械学習プロジェクトを支えるMicrosoft AI 関連サービスと製造業事例のご紹介(30分)
  6. Aidemyの紹介(10分)
  7. 終了・質疑応答(5分)

途中休憩(10分)がございます。

参加特典

Aidemy 商用版 2週間無償利用クーポンを差し上げます。

※本イベントで収集された個人情報の取り扱いについて

株式会社アイデミーの[個人情報保護方針 https://aidemy.net/privacy-policy]に従って取り扱います

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント