OSSセキュリティ技術の会 第六回勉強会

イベント内容

2019年5月7日に、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)8がリリースされました。2014年にリリースしたRHEL 7から5年ぶりのメジャーバージョンリリースになります。

今回は新しくリリースされたRHEL8をテーマに

『OSSセキュリティ技術の会 第六回勉強会』

と題し、RHEL8でのセキュリティに関する勉強会を開催することになりました。

また、先日のLinux Security Summit 2019で紹介されていた内容に関しても纏めて報告したいと思います。

<アジェンダ>

18:45 開場

19:00-19:05 OSSセキュリティ技術の会について

OSSセキュリティ技術の会の趣旨と活動予定について説明します。

OSSセキュリティ技術の会 中村 雄一

19:05-20:05 RHEL8の全般的なセキュリティの紹介

RHEL8に関しての全般的な(セキュリティに注目した)話と、

  • cockpit
  • crypto-policy
  • tlog

等のトピックをお話します。

森若 和雄

20:10-20:40 Linux Security Summit 2019の報告/RHEL8でのSELinuxの変更点 

  • Linux Security Summit 2019の報告

Linux Security Summit 2019がサンディエゴで開催されました。 通しで3日間参加してきたため、どのような内容だったのかを写真/資料を交えて共有したいと思います。

  • RHEL8でのSELinuxの変更点

RHEL8でのSELinuxの変更点を纏めましたので、簡単に共有したいと思います。

面 和毅


20:45-21:00 Q/A & クロージング


OSSセキュリティ技術の会 第六回勉強会 質問 受付用(hackmd.io)は準備中です。また、Twitterのハッシュタグもご利用ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント