現在35名:AIモデル/デジタル戦略立案のプロによるAI・ブロックチェーンのビジネス活用現場を知る!

イベント内容

AI×IoT時代はこれまでと異なる戦略立案ノウハウが必要不可欠です。どのようにしてIoT戦略やAI戦略を立案すればよいのでしょうか?

本講座は戦略コンサルタントとデータサイエンティストがこれまでに行ってきたブロックチェーン企画やAIビジネス企画立案、ベンチャー創業支援などで培ってきたデジタル案件の実態をお見せするセミナーです。実際のアートテック企業の創業支援で活用したデジタル戦略レポートとAIビジネス企画書を説明する形で、デジタル戦略立案の方法や、AIビジネス企画立案について学んでいきます。

また、データサイエンティストは博報堂のデジタルマーケティング・AI活用を担当するD.A.Consortiumのデータ解析部長で同部門の立上げを行った那須川がビジネス現場でのデータ解析の活用やデータ分析部門の立上げ方法について解説します。


【講義メニュー】 ■18時45分~:受付開始

■19時00分~:挨拶

■19時10分~19時40分:那須川進一(元DACデータ解析部長/JustInCase創業メンバー/茄子ラボ代表)

タイトル:教師なしデータからいかに価値を生み出すか

1.       AI/機械学習データ分析を取り巻く環境変化

2.       データ解析部門の立ち上げ

3.       教師なしデータ活用事例①

4.       教師なしデータ活用事例②

5.       教師なしデータ活用事例③

■19時40分~20時10分:園部敦史(元FINC Technologies/株式会社salud 代表)

タイトル:データ活用する組織になるためのポイント解説

1 非専門職に求められるデータ活用スキル

2 意思決定のためのデータ活用手順

3 明日からはじめるデータ活用

4 事例①

5 事例②

6 事例③

■20時20分~21時50分:柴田真吾(エデュテックパートナーズ代表)

タイトル:戦略コンサルが実施する本物のデジタル戦略立案レポートから学ぶ      ~アートテックにおけるデジタル戦略レポートの解説~

1.       デジタル戦略立案ステップ

2.       業界トレンド分析①~市場トレンド~

3.       業界トレンド分析②~国内の業界構造~

4.       競合分析①~オンライン販売~

5.       競合分析①~ブロックチェーンの活用~

6.       ディスラプションを見据えたシナリオ分析

7.       デジタルトランスフォーメーション戦略の検討

10.     AIビジネスモデルの検討

9.       AIを用いたビジネス企画書の解説



担当講師:柴田真吾 アクセンチュア、KPMG FAS、教育ベンチャー企業を経てテクノロジー×ビジネス講座を核としたコンサルティング事業を運営。アクセンチュア入社後コンサルタントとしてシステム構築からアナリティクス、新規事業立案、戦略策定、M&Aまで幅広いコンサルタント業務実績を有する。戦略コンサルティング×アナリティクスの両方の経験を有していることが強み

担当講師:那須川進一

あずさ監査法人(会計)/マーサー ジャパン株式会社(年金数理)/デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(データサイエンス)/株式会社justInCase(保険)共同創業者。現在は、合同会社茄子ラボ代表(データ解析の受託・組織作り支援)、茄子評価株式会社代表取締役(ベンチャー企業のストックオプション発行支援)

担当講師:園部敦史 これまでに株式会社インテリジェンス(人材ビジネス)/プライマル株式会社(翻訳DB開発)/デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DMP活用支援)/FiNC(アプリデータ活用)を歴任し、現在、株式会社salud 代表取締役としてデジタルマーケティング運用支援を実施

【キャンセルポリシー】 前日以降のキャンセルには対応していません。2日前までにお申し出ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント