クラウドを活用した攻めの資産管理に使えるAzureラウンドテーブル

イベント内容

近年、我々を取り巻くビジネスは大きく変わり続けています。

その殆どはITによる変化と言っても過言ではありません。 そして今、新たなサービス展開の際には パブリッククラウドのサービスの利用が前提となるケースが多くなってきました。 AI, IoT 等のサービスの活用による Society 5.0 など具体的なビジョンも見え始めてきています。

一方で 『クラウドへ移行したいのだけれども誰に相談して良いかわからない』
『クラウドの利点はわかるけれども、何から手を付けて良いかわからない』
『現状のオンプレミスのリソースをクラウド化した場合、コストメリットが出るかどうか分からない』
などの様なお声もお伺いします。

そのようなお悩みをかかえている企業の IT 部門様、IT部門ご担当者様に
様々な活用方法をご紹介させていただきラウンドテーブル形式でご提供したいと思います。

▼開催概要

日時:4/20(月) 15:00 - 18:00
参加費: 無料

■登壇者紹介

株式会社ISAO
吉田 哲

法人プロバイダのネットワークや大規模 BtoC ビジネスのサーバ経験を持ち、
仮想化環境、ストレージと幅広い知識を持ち合わせて、
現在はクラウドを中心にアドバイザリー業務を行っております。
クラウドの基本機能はもちろん、3rd Party 製アプライアンスのクラウド導入経験も持ち合わせています。
過去登壇模様はこちら。
https://www.pc-webzine.com/entry/2017/07/post-50.html

株式会社ISAO
鮫島 忠文

10年以上インフラエンジニアとして様々な案件を担当。
オンプレミスから始まり、仮想化の推進、現在はクラウド(Azure/AWS)で活動しています。
既存のシステムのアセスメントから、どうAzureへもっていくか。
また、実際にAzureを利用する際のポイントについて話をします。

■タイムスケジュール

▪15:00-16:30
1) ISAO紹介
2) Society5.0
3) Azure概要説明
4) Azure活用パターン(バックアップ、開発環境、移行、新規事業)※当日、ご参加者様に以下の活用パターンからのご関心分野を伺い、2つのテーマを選定します。
a. データ保管:バックアップ、DR/BCP
b. 開発環境:需要予測によるコスト削減、CI/CD、自動化
c. 移行:リフト&シフト、ハイブリットクラウド、マルチクラウド
d. 新規事業:データ利活用、IoT、サーバーレス、マネージドサービス化

▪16:30-17:30
Q&Aを含むテーマごとのラウンドテーブル
※当日、ご参加者様に課題、取り組みたいことをヒアリングし、テーマに沿ったデモを実施します。
※内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。<br

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント