【オンライン開催】第38回 CoderDojo Owari

イベント内容

岩倉生涯学習センター開催は中止、オンラインで3道場合同で開催します

Zoom と呼ばれるビデオ会議サービスを使って道場を開催します。

5/10(日)はCoderDojo瑞穂、CoderDojo尾張、CoderDojo名古屋のニンジャが集まって3道場合同のオンライン開催です! 普段は会えない瑞穂や名古屋のニンジャと交流を楽しめると期待しています。

主催はCoderDojo瑞穂になりますので、CoderDojo尾張に参加してくれているニンジャの皆さんもいつもとはちがった道場の雰囲気を味わえると思います。

タイピングの練習をしておきましょう!

CoderDojo瑞穂では、作品制作の前にみんなでタイピングコンテストの時間があります。5/10に参加を希望される方はあらかじめ練習をしておくことをお勧めします。

■ 寿司打 http://typing.sakura.ne.jp/sushida/

Hack For Play

HackforPlay はゲームを作りながらプログラミングが学べる Web サービスで、 JavaScript で書かれたコードの読み書きを行って、自ら考えたアイデアをゲーム上で実現したり、オリジナルのゲームを作ることができます。

■ HackforPlay の法人向け新サービス、全国の CoderDojo 向けに無償提供 https://news.coderdojo.jp/2020/04/06/hackforplay-for-team/

■ HackforPlay https://www.hackforplay.xyz/

興味のある方にはアカウントを無料配布します。可能であれば、開催3日前までに Connpass の申込んで、アンケートでお答えください。直前の参加申し込みであればアカウント登録が間に合わない可能性があります。

新型コロナウイルス関連

必ずお読みください。

新型コロナウイルスに対する方針 (2/22 時点)

https://coderdojoowari.org/news/coronavirus-rules/

オンライン開催に変更になる場合があります。

はじめに

CoderDojo Owari は、7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。CoderDojo の活動は2011年にアイルランドで始まり、世界では85カ国・1,600の道場、日本では全国に194以上の道場があります (2019年12月時点)。

子どもにより良い環境で、自発的に、なおかつ無料でプログラミングに触れる機会を提供するために始まりました。

Some Champions of CoderDojo Owari are fluent in English. English speaking Ninjas Mentors and Supporters are also welcome to this Dojo. We provide scratch programming. Please come along! Contact us if you have some question.

小学生 (しょうがくせい) は保護者 (ほごしゃ) が申し込んでください

小学生の方は、保護者 (ほごしゃ) による申し込みをお願いします。定員がいっぱいでもキャンセル待ちに登録できます。

PC 貸出 & micro:bit 貸出について

※ オンライン開催になったため、PC貸出はできません

通常のセッションでは PC 貸出や、電子工作キットの micro:bit の貸出を行っています。 より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています。詳細は下記を御覧ください。

CoderDojo Owari とは

CoderDojo Owari は CoderDojo の理念に共感したメンバーにより発足したボランティアグループです。2017年4月より毎月 CoderDojo を開催します。

活動の詳細は CoderDojo Owari ウェブサイトよりご覧いただけます。

https://CoderDojoOwari.org

※全国の CoderDojo も CoderDojo Foundation とは独立した任意団体ボランティアグループより運営されています。

CoderDojo Owari で提供しているカリキュラム

CoderDojo 尾張では下記のコースを実施予定です。

  • Hour of Code : 年少者向けに、ゲーム感覚でプログラミングの理解をするためのオンラインコースです。
  • Scratch : 子ども向けに作られたプログラミング言語。ゲーム、物語、アートなどの作品を作ることができます。
  • micro:bit:子ども向けに作られたマイコンボード。いろいろなデバイスにつなげってロボットプログラミングをすることができます。
  • halocode: Makeblock 社の WiFi 内蔵シングルボードです。3台保有しています。Android, iOS, PC 必須
  • Viscuit: お絵かき間隔で小学校低学年からプログラミングが楽しめるビジュアルプログラミングツール。タブレット (iPad & Android) でプログラミングしやすいツールです。

概要

項目 内容
日付 2020年5月10日 (日)
時間 10:00〜12:00 (開場 9:45)
費用 無料
場所 Zoom (オンラインビデオ会議)
住所 Connpass で参加方法を案内します。
アクセス -
駐車場 -
駐輪場 -

スケジュール

瑞穂・名古屋との共同開催のため、いつものセッションと時間が異なりますので、ご注意ください。

時間 内容
9:45 開場 & 受付開始
10:00 開始 (各自自分の作業を開始してください)
10:05 オリエンテーション:タイピングソフトで遊んだり、Whyプログラミングのテーマ確認したり、色々
11:15 発表会
12:00 マイクラ発表(希望者のみ)
  • 保護者・お連れの方の同伴は可能ですが、集中できない場合は移動をお願いする場合がございます。
  • 生涯学習センターには未就学児のお子さまが遊ぶスペースがございます

参加方法

  • Connpass にユーザー登録をし、上記から参加登録を行ってください。
  • 携帯電話・スマホでPCメールからのメール受信を拒否されている方は、メールが届きませんので解除をしてください。(「@connpass.com」「@coderdojo.com」の2ドメイン)
  • お子さま1人に対して1アカウントを作成して頂く必要があります。
  • CoderDojo では、生徒さんを Ninja (忍者) と呼びます。
  • Mentor (メンター) と Supporter (サポーター) の説明は下記に記載。未成年でも自分ができると思う方は、お手伝いで参加可能です。
  • ほごしゃ: 小学生のお子さまは、保護者の方と一緒に来てください。

申込先

申込は Connpass で行っています

https://coderdojoowari.connpass.com/event/173995/

必要な持物

  • 無線LAN につなぐことができるノートパソコン
    • 試験的にPC貸出を行っております。その際は必ず貸出の参加枠で申し込んでください。 (より多くの貸出ができるよう寄付や支援していただけるスポンサーを募集しています)
    • スマートホンだけでは参加できません。iPad などのタブレットは Scratch Jr. や Viscuit で参加できます。
    • 古すぎるパソコンではうまくプログラミングできない場合があります。予めご了承ください。
  • Scratch をご利用の方はネットが使えないときなどのためにオフライン版をダウンロードしてきてください。
  • 筆記用具 (えんぴつ・消しゴム・メモ用紙)
  • 初心者・はじめての方: 可能であれば Code.org でアカウントを作成してください
  • Scratch コース: 可能であれば Scratch アカウント を作成してください
  • [オプション] 水筒等お飲み物 (特に暑かったり乾燥している日)

おことわり

  • ボランティア行事保険に加入しているため、入場時、参加者・同伴者の氏名の記入をお願いします。
  • CoderDojo 当日は、イベントの内容の写真・ビデオ撮影をさせていただきます。
  • 撮影した内容は、Creative Commons ライセンスで再利用可能な状態で公開いたします
  • 参加者は原則、写真撮影・ビデオ撮影 OK という認識でおります。
  • もしも写真撮影・ビデオ撮影が NG な方は申し出てください。

スポンサーや寄付のお願い

CoderDojo Owari では、無料で運営するために、スポンサーや寄付を受け付けます。

  • 個人スポンサー: (目安は 1回500円 or 年間 3000円)
  • 団体・法人: 1口1万円/年

団体・法人スポンサーの方は、毎回の CoderDojo 開催時に、1口につき、チラシをA4サイズまで、1種類を配布することが出来ます。ただしチラシの印刷、期日までに事務局への郵送か現地への配布をお願いします。

寄付は、会場費、印刷代、備品代、ウェブサイトの運営費、おかし代などに使われます。

無料で継続して開催するため皆様のご協力をお願い致します。

サポート会員・メンターの募集

CoderDojo Owari では、運営サポーターを募集しています。

種類 やってもらいたいこと
メンター Ninja (生徒) のサポート
サポーター 受付、告知ページの作成、ブログ、写真撮影などの運営補佐
  • メンターさんは Hour of Code や Scratch の基礎知識が必要です。
  • サポート会員さんは、お手伝いしてもらえることがあればなんでもお願いしたいという方です。

CoderDojo は、全員が非営利で運営しているグループです。また、参加者・運営者の垣根をできるだけ低く、運営していきたいと思っています。

子どもに教えると同時に、自分への学びにもつながるやりがいのある活動です。

メンターのトレーニングも適宜行っていく予定です。メンターになってみたいという方のサポーターとしてのご参加も歓迎します。

メンターとは

Mentor (メンター)とは、英語で「指導者」という意味です。ただしメンターは、Ninja に詰め込むだけの教育をする「先生」ではありません。

Ninja に自発的にセッションを進めてもらえるように隣に寄り添って補佐していただきます。

メンターは授業の準備はほとんど必要ありません。 Hour of Code の内容や Scratch の基本的な操作方法が分かるかたであればどなたでもなることが出来ます。

メンター参加希望者の方で、今まで CoderDojo Owari や他の CoderDojo に一度もメンターやサポーターとして参加していない方は、必ず 事前に CoderDojo Owari までご連絡ください、もしくは我々から連絡させていただきます。

今まで、一度もサポーターやメンター経験のない方は、サポーターとしての参加をお願いすることがございます。

サポーターとは

サポーターとは、メンターになりたいと思いお手伝いしながらメンターを目指したい人やメンターにはなるつもりはないけれど、当グループのお手伝いをしたいと思う方です。当グループでは常にサポーターも募集しています。

サポーター参加希望者で、今まで一度も CoderDojo に参加したことがない方は、一度お問合わせください。

詳しくは、お問合わせください。

お問い合わせ先

https://coderdojoowari.org/contact

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント