【リモート】エアテスト駆動飲み会 -Air Test Driven Drinking-【7/08水】

イベント内容

リモートモブプログラミングを楽しむイベントです。お酒をたしなみながらテスト駆動開発にノンビリ取り組んでいきます。どんなテーマで、何に取り組むかは、当日集まった人たちで決めていきましょう。やっとむさんとてらひでさんがテスト駆動開発のガイド役を務めます。

リモート開催3回目になります。まだ模索中ですが、やり方や進め方を工夫したいと考えています。

【注意事項】

進め方ですが、以下のように考えています。運営スタッフで簡単に実験してみました。

  • 全員Zoomで、各自のPCなどから参加する(Zoomアプリのインストールなどをお願いします)
  • 開発環境は repl.it を使う。オンラインIDEで、サポート言語が幅広いです。各自アカウント登録が必要になります
  • 1モブ3~5人くらい(+見学者)でやる予定です。各モブにファシリテータか、ベテラン参加者の方に入ってもらいます。
  • モブプロにはrepl.itのMultiplayer機能を使う。参加者がそれぞれ、自分のブラウザ上で、共通の環境を操作、開発、実行などができます。また可能なら、VSCode/Visual StudioのLive Share機能も試してみたいと思っています。
  • 言語はrepl.itでサポートされている範囲で選ぶ(たくさんあります)。cyber-dojoのようなテスト駆動開発機能はないので、自分たちで工夫する必要があります
  • お題は運営側で候補を選んでおきます
  • 食べ物、飲み物は各自でお手元にご準備ください!

ガイド役紹介

やっとむ(安井 力・やすい つとむ)

アジャイルコーチ、コンサルタント。開発現場がアジャイルになるお手伝いを、プロセスと技術の両面からしている。アナログなゲームを使ったワークショップが好きで、スクラム・トランプ、カンバンゲーム、宝探しアジャイルゲームなどを作って実践中。好きなプラクティスはふりかえりとTDD。 CodeZine AcademyのTDD実践講座で、和田卓人、太田健一郎とともに講師を務めている。

てらひで(@terahide27)

東京タワーに近いSI会社に所属するどこにでもいるふつうの会社員。テスト駆動をネタに酒が飲めると聞いて関わったらガイド役を期待されていたことを後から知った。右手に自動テスト、左手にスクラムを携え、受託開発の現場にサスティナブルにするカイゼンをもたらすため一人空回りする日々を過ごす。最近社内で「使いファシリ」の称号がついたのは秘密のはなし

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント