【オンライン開催】脆弱性管理ツール「yamory」ハンズオンセミナー(セキュリティ脆弱性対策)

イベント内容

yamoryとは?

創業以来、高い技術力と戦略的なUI/UXを武器に、世の中に価値あるサービスを生み出し続けているビズリーチ。

オープンソースのセキュリティリスクを低減しながら、生産性の高い開発を支援するため、
ビズリーチの開発部門とセキュリティ部門が共同で開発したyamoryは、社外向けにアップデートされ、
オープンソース脆弱性管理ツール「yamory(ヤモリー)」として、2019年8月に製品リリースいたしました。

リスクが高い脆弱性がわかるから対応が進み、安心して開発できる

をコンセプトに、未来を創るエンジニアが安心してテクノロジーを活かし、生産性高く開発ができる世界を目指します。

  • yamory 製品ページ https://yamory.io/
    ※ フリープラン(個人向け)/無料トライアルプラン(法人向け)も実施しているので是非お試しください

イベント説明

現在のシステム開発のなかで、オープンソースはなくてはならないものになっていますが、
具体的にどんなセキュリティリスクがあるのでしょうか?

本ハンズオンではの脆弱性対策の必要性をはじめ、yamoryを使って
どのように管理していくかを実際にデモ環境を触っていただきながら説明させていただきます。

この機会に最新のオープンソース管理ツールyamoryの使い方を学んでみませんか?

本セミナーで学べる内容

  • yamoryの基本機能
  • OSSの脆弱性管理について

対象

  • Githubアカウントをお持ちの方
  • DevOpsなどの効率的な開発運用に興味のある開発者/組織
  • セキュリティ対策をやりたいと思っているが、有効な実施方法が見つからない組織/会社
  • Web/ITシステムのセキュリティや脆弱性管理を行なっている、セキュリティ担当者
  • 脆弱性管理で困っているCSIRT担当者
  • Web/ITシステムの開発部門の管理職
  • Web/ITシステムのアーキテクト
  • セキュアな開発手法に興味があるエンジニア
  • その他セキュリティに興味をお持ちの方

開催概要

  • 日時:2020/8/13(木)17:00〜18:00
  • 場所:オンライン開催(URLは別途ご案内します)
  • 参加費:無料

アジェンダ

時間 内容
17:00 - 17:10 アナウンス
17:10 - 17:20 OSSの脆弱性について
17:20 - 17:50 yamory ハンズオン
17:50 - FAQ

※状況により一部内容変更する可能性ございます。

注意

  • イベントキャンセルが多い方はこちらで参加をお断りさせていただく場合がございます。
  • 参加登録時に入力していただいた名前・メールアドレスは今後yamory関連のイベント開催等おしらせに利用させていただきます。 -本セミナーの録画録音などはお断りさせていただいております。

ご理解ご協力のほど、よろしくお願い致します。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント