アジャイルコーチと気軽に雑談してみませんか?

イベント内容

外部コーチという外からの視点をうまく使おう

1人やある組織で頑張っていると、どうしても視点・視座が固まったりします。
そんな時に大事なことの1つは、他者からの視点や考えを入れる事です。
あるひとつの視点が正しいや間違っているというわけではなく、複数の考えを持つことで、みなさんの進め方に幅が出すことができます。新たな気づきもあるハズです。

今回はそういう人達のために雑談する場を用意してみました。

現場経験豊富なアジャイルコーチの外からの視点を踏まえて、一緒に考えてみませんか?

こんな方はぜひお越しください

  1. アジャイルやスクラムを実践してみたけど、自分の現場ではうまくいかないと思っている人
  2. 組織の中でアジャイルやスクラムをうまく展開していけないとお悩みの人
  3. 現場やチームをもっといい感じにしたいと思っている人

こんな進め方です

  1. 時間枠は最大1時間半です(複数の候補からお選びください)
  2. 個人、チームなどで参加可能です(最大3人くらいまでをオススメします)
  3. みなさんの状況などをお聞きしながら、回答していきます

なぜわたしたちがこれをするのか?

  • まだまだ困っている人はたくさんいるハズ
  • 少しでも役に立てれば嬉しい
  • さらに仕事につながれば嬉しい
  • 私もいろいろな現場の話を聞きたい

少しでも興味をお持ちいただければ、ご参加ください!

アジャイルコーチ

中村 洋 (@yohhatu)


ギルドワークス株式会社

2014年にギルドワークスを仲間と共に立ち上げ、現場コーチとして活動。これまで30社60チーム強の組織やチームの改善活動やアジャイルの導入を支援。

「お客様含めたチームがより良い仕事をできるように」を第一に考え、チームビルディングやファシリテーション、アジャイル開発のマネジメントを得意としています。
「それをなぜするのか?」という Why の探究心と、「ええと思うなら、やったらよろしいやん」という越境することを口癖に、昨日より少しでも良い仕事ができることを大切にしています。

導入支援事例や紹介記事など

Aki

チーム活動改善支援や組織変革支援など、チームコーチ、エグゼクティブコーチ、パーソナルコーチとして活動。スクラム道関西、スクラムフェス大阪、Scrum Masters Night などのコミュニティを運営する。数々の現場サポートやトレーニング、コミュニティ活動を通して「よりよいプロダクトづくり、よりよい学習環境づくり、個人が自ら選択して歩んでいける場づくり」を目指す。

業務でもプライベートでも、チームや個人を対話する事で固定概念や思い込みを見直し、改善活動ができるようにサポートしています。

『SCRUMMASTER THE BOOK 優れたスクラムマスターになるための極意――メタスキル、学習、心理、リーダーシップ』共同翻訳 (原著: The Great ScrumMaster: #ScrumMasterWay)

Profile: https://spring-aki.hatenablog.com/profile

(Photo by Priscilla Du Preez on Unsplash)

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント