【9月15日~9月17日開催】ニューノーマル時代のIT活用 ~最適なテレワーク実現への道筋~

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
先着順 無料 1人 / 定員200人

イベント内容

ニューノーマル時代のIT活用
~最適なテレワーク実現への道筋~

概要

■背景

働き方改革、東京オリンピック期間に向けてテレワーク環境を準備、あるいは導入検討されたという企業は少なくないとは思いますが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止対策として急ピッチで環境構築された企業も多いのではないでしょうか。
職場の外で仕事を行う際には、その形態に応じた様々なリスクに対応するセキュリティ対策が必要となります。
テレワーク環境の導入が一段落し、落ち着いたところで、あらためて「セキュリティ面は大丈夫なのか」と不安を抱く企業も増えているのでしょうか。
テレワークが長期化し、従来の仕事の在り方・人との関わり方の変化=ニューノーマル時代にシフトする中で、今まさにテレワークセキュリティ対策に対する需要が高まっています。

■開催目的

急ピッチで環境構築したテレワークには多くのリスクが潜んでいます。
継続的な企業活動を可能にするセキュリティ対策/BCP対策をどのように取り組んでいくべきか。
セキュリティ対策/BCP対策ソリューションを多く取り扱うテクマトリックスでは、それぞれの特性を説明するとともに お客様の課題に合わせて最適なテレワーク実現に向けた最適解をご紹介いたします。

テレワークを急ピッチで導入された皆様、またこれからテレワークをご検討される皆様に、テレワークを推進する上で重要な セキュリティとその管理についてご案内します。

タイムスケジュール

時間 内容
10:00〜10:10 セミナー開催ご挨拶
10:15~10:45

コロナ禍により喪失したセキュリティと出現したサイバーリスク

株式会社サイバーディフェンス研究所

専務理事/上級分析官

名和 和男氏

コロナ禍において、急場しのぎで構築したIT環境により、最近のサイバーセキュリティ対策の重要事項である「状況認識(Situation Awareness)」の一部を失い、攻撃対象領域(Attack Surface)をいたずらに増大させました。一方、攻撃側は、私たちの情報流通の大きな変化を観察し、攻撃戦略(Attack Strategy)を首尾よく適合させ、更に分業化されている攻撃主体の行動がそれに最適化しつつあります。本公演は、このような情勢変化に基づいた「想定すべきリスク」と「適切なセキュリティ対策」を導出するための観点とプロセスを提供いたします。

11:00〜11:30

次世代ファイアウォールでセキュアなテレワーク環境を実現しませんか?

~クラウド時代のセキュリティモデル「SASE」での最適解~

急増するテレワークのニーズに対して、セキュリティを置き去りにせず、セキュアなテレワーク環境を実現するSASEソリューション「Prisma Access」の優位点をご紹介させていただきます。

13:30〜14:00

テレワーク拡大でリスクも増加!エンドポイントを守る最後の砦

~AIアンチウイルスで何がわかる?検知率だけではない!採用するべき理由とは~

急速に普及が進むテレワーク環境下で、エンドポイントセキュリティの課題を抱えていませんか?

・シグネチャベースのアンチウイルスでは、定義ファイルのアップデート運用が手間

・オンプレミスでの管理のため、社内への接続が無いと端末の状態が確認できない

・マルウェア感染の疑いがある端末が発生した際に、LANケーブルを抜くなどの即時対応ができない

マルウェアの検知率向上のみならず、日々新たにリリースされるシグネチャへの対応や複雑なマルウェア対策の運用管理からも解放され、ニューノーマル時代におけるエンドポイントセキュリティのあるべき姿をご紹介します。

運用に焦点を当て、BlackBerry Protect/Opticsを軸とした一連のマルウェア対策フローについて、デモをベースにご紹介します。

14:15〜14:45

緊急事態宣言後のテレワークで直面したVPNの課題とその解決策

緊急事態宣言後のテレワークを経験した多くの企業が、想定以上のVPN接続によるトラフィック集中とレスポンス低下の課題に直面しました。またセキュリティ面の不安を抱えた企業様もいらっしゃいました。

本セミナーではBIG-IP APMを使ってコストを最小化しながら効率的に解決する方法をご紹介します。

15:00〜15:30

テレワークでも業務効率を落とさない、データ管理における課題解決は

~今こそクラウドを活用して、データ保護からDR(災害対策)/BCP(事業継続計画)を実現しませんか?~

コロナ禍の中、効率的なデータ共有や多様な働き方が求められる一方で、データ容量や管理者の運用負荷が増大しています。Cohesityのデータ保護ソリューションを使って、コストを抑制しつつ、クラウド型のDR/BCPを実現する方法をご紹介します。

※ セミナーの内容は事前のお知らせ無く、変更する場合がございます。

関連製品

Palo Alto Networks/Cyxtera AppGate SDP/F5 BIG-IP Access Policy Manager/RSA SecurID/Cohesity/CylancePROTECT

参加費

無料/事前登録制

※本セミナーは、法人様対象のセミナーとなっております。個人様からのお申し込みは受け付けておりません。

 また、同業及び競合他社様からのお申し込みはお断りします。

利用システム

Zoom Video Webinars

※事前に接続テストの実施をお願いします。http://zoom.us/test

個人情報の取り扱いについて

ご入力いただいた個人情報は、製品・サービスの案内・提供・保守・各種セミナーの案内、各種アンケートを実施するために必要な範囲内で利用することがあります。当社の”個人情報保護方針”の詳細については、個人情報保護方針のページをご参照ください。

 

本イベントは終了しました

類似しているイベント