今だから知りたい リブランディングの原点と経緯 WEBサービスと実店舗の2本立て!

イベント内容

今年も残すところあと数ヶ月。 激動の2020年はあっという間に過ぎて行きました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今までとは全く違う「新しい生活様式」が求められる中、新規事業の創出、事業方針の変更などサービスの形も大きく変化しようとしています。

そんな変化と同時に、リブランディングを検討される企業も多いのではないでしょうか?

しかし、今まで作り上げてきた物を壊し再構築することは簡単ではありません。

今回は、既存のブランドが分解され、作り直されるまでをデザイナーの広野萌さんと、今まさにリブランディングの真っ最中にあるカフェ経営者の丸山佑樹さんをゲストにお迎えし、その原点や経緯を紐解いていきます。

■イベント概要

日時    :2020年11月11日 18時-19時(オンライン開催) 利用ツール   :zoomウェビナー機能 対象      :経営者、デザイナー、マーケター、広報PR等サービスブランディングに携わる方全て 参加費     :無料 参加方法    :PeatixもしくはCompassよりお申し込み後、配布URLにて参加可能

■当日プログラム

18:00 主催「オンライン商標登録サービスコトボックス」よりご挨拶と当日の説明

18:05 リブランディングという専属契約 スピーカー:広野 萌

スタートアップがリブランディングするということは、その新しいブランドでもって上場をせんとする意気込 みであり、宣言です。いわば新ブランドとの専属契約であり、だからこそ留意すべき点が存在します。今回はスタートアップのリブランディング事例をもとにその点をお話します。

18:25 ネイバーフッドカフェにおけるリブランディング「原点回帰」と「二つのシ ンカ(深化と進化)」スピーカー:丸山 佑樹

コロナ禍において半強制的に立ち止まることを余儀なくされた飲食店、 そこそこ=中途半端は淘汰され、このままではおそらく生き残れないだろうという危機感と、本当の意味で必要とされる存在になるためには、改革=リブランディングが必要考え、ある意味ブランドのあらゆる点を見つめ直す良い機会が出来たと捉えることで、改革を一気に進めるチャンスと考えた。 リブランディングに必要な要素は「原点回帰」と「二つのシンカ(深化と進化)」 と考え、「原点回帰」においてはブランド立ち上げ時のピュアな想いや、そこから生まれたブランドコンセプトの再確認、またブランドミッションとしてブランドの使命や目的は何なのか、どのような世界を実現させるか、などの整理と調整。「二つのシンカ」においては、「選択と集中=深化」、 そして新しい世界に向けての「新事業構想への着手=進化」 中途半端をなくし、やるべきを明確化させ、究極化する。

18:45 全体を通しての質疑応答時間

18:55 主催「オンライン商標登録サービスコトボックス」よりお知らせとアンケートのご案内

19:00 閉会

■登壇者プロフィール

広野 萌 氏 般社団法人デザインシップ 代表理事

早稲田大学文化構想学部卒。ヤフー株式会社にて新規事業企画やモバイルアプリのUX推進を手掛ける。2015年に株式会社FOLIOを共同創業し、CDOに就任。国内株式を取り扱う10年ぶりのオンライン証券を立ち上げた他、法律・医療・保険・自動運転分野のスタートアップをデザイン顧問として支援。2018年に一般社団法人デザインシップを設立し、代表理事に就任。

丸山 佑樹 氏 ten inc. / YMP inc 代表

神奈川県川崎 溝の口にて、ネイバーフッドカフェ「TETO-TEO テトテヲ」、共創型シェアマーケット「Nokuchi-Lab.-ノクチラボ-」、共創珈琲酒場「SeN SHARING BAR & ROASTERY」、かき氷専門店「氷室 Himuro」を運営する。 地元農家とのマルシェイベント企画や地域住民と行政が連携し大山街道の活性化を進める 大山街道アクションフォーラム委員として各種地域イベントの企画も行う。地域に根付いた活動が評価され、川崎市で地域を盛り上げている店舗として「空き店舗活用アワード事業」では、大賞を受賞。2019年より街づくり会社「ten inc.」を立ち上げる。コンセプトは「点が線となり、街と成す」ミュージシャンとの共創企画、MGKP=みんなでがんばろう川崎プロジェクト代表

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント