vue.jsに詳しくなろうの会 #1

イベント内容

「書く」「話す」といった運動神経を使った記憶は、「運動性記憶」と呼ばれます。運動性記憶の特徴は、一度覚えるとその後はほとんど忘れることはないということです。3年ぶりに自転車に乗ったら乗り方を忘れていた、ということはないはずです。

(引用元:樺沢紫苑(2018),『学びを結果に変える アウトプット大全』p.22, サンクチュアリ出版)

記憶の定着をしたいなら7(アウトプット):3(インプット)で学習効率を爆上げしましょう。
また、朝の時間を有効に使うことによって午後からも生産的に行動できます。

Vue v2に詳しくなろうの会の概要

vueのversion3がリリースされてからだいぶ経ちますね。ちなみに自分はまだ追えてです。。笑
なので今回はv2の内容を一緒に復習しましょう。

ざっくりした説明

vueの公式ドキュメントから各々がどれか一つの章を選択し、自分なりに要約したものをQiitaに投稿してもらいます。※限定公開でもいいです。
その要約をみんなで発表し合い、理解を深め会おうというコンセプトです。よければLGTMし合いましょう!
上に書いてあるアウトプット大全にある様に7(アウトプット):3(インプット)を目指します。

対象

  • フロントエンドに興味がある人
  • vue v2の理解を深めたい人
  • 他のフレームワークからvueに乗り換えたいって人

簡単な流れ(時間は前後する可能性があります)

slackのgeneralチャンネルまたは事前メールでdiscordのURLを共有します。

時間間隔 内容 予定時間
10分 discordに集合 9:00-9:10
10分 自己紹介・どの章を選択するか発表タイム 9:10-9:20
30分 インプット時間 9:20-9:50
30分 アウトプット時間 9:50-10:20
40分 みんなで発表し合う時間 10:20-11:00

時間は多少前後する可能性があります

事前準備

  • 必須 slackの登録新宿・朝活・もくもく会

  • Discord
    ※web版でもできますが、デスクトップ版の方がスムーズに進められると思います。

  • Qiitaのアカウント(当日その場でもいいです)

このもくもく会はslackとDiscordを使ったリモートイベントです。
※discordとは複数人でオンライン通話・チャットができるツールです。
discordのトラブルシューティングはryuujiさんが作ってくれました!

Title Link
お問い合わせ:slack リンク
トラブルシューティング リンク

開催場所

リモート

会費

無料

管理者の概要

年齢:24歳
経歴:去年の5月からフロントエンドエンジニアになったばかりの駆け出しエンジニア
今年の6月に会社をやめ、受託会社に転職。現在Vue.js/Railsを勉強中
経緯:朝一人で勉強している時間をもっと有効に使えないかと思い、勉強会を企画

※管理者はイベント開催始めたてのため、至らない部分もあるかと思いますがご了承ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント