機械学習でLATとAd Fraudに向き合う ポストIDFA時代のデジタルマーケティングとは?

イベント内容

LATとAd Fraudに向き合うポスト IDFA時代のデジタルマーケティングとは?

~海外発のDSP2社が伝えたい・既に実施している競争戦略にケーススタディを添えて〜


Limit Ad Tracking(LAT) 機能は、今年のiOS 14ではデフォルト機能となります。 LATが有効になると、モバイルデバイスに空のDeviceIDを割り当てることで、 広告主様のユーザーデータへのアクセスが制限されます。

LATは消費者データを保護するためのポジティブな一歩ではあり、 広告主様は新たな慣行を採用する必要があります。

機械学習マーケティングソリューションのリーディングカンパニーである MOLOCOとAarkiが準備したこのウェビナーは、Appleの発表から予想される変化を マーケターに伝えると共に、新しい時代に備えるためのヒントを提供します。

    トピック:

  • ポストIDFA時代(iOS14に備えて)に向けて、どのように モバイルマーケティングを実現していくのか?
  • LAT配信について海外発のDSP 2社がケーススタディを交えて お話します。
  • アドフラウドは、これからも継続して、注視していく課題です。 海外発 DSP2社が、どの様にアドフラウドに対峙しているのかを お伝えします。

Zoomイベントの登録はこちら: http://moloco.events/post-idfa-marketing

注意*connpassの参加ページではなく、上記リンクからの申し込みになります。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント